基礎知識

独学でベースがうまくなりたい人のために|おすすめ基礎練習

開放弦を使ってピッキングをしてみよう

最初は左手でどこも押さえない開放弦で4分音符→8分音符→16分音符→3連符の順で弾いてみましょう。

この時メトロノームを使用して、リズム感も同時に養うのが効率的です。

最初はゆっくりめのテンポで弾き、正確に音符の粒を揃えて弾けるようになったら少しずつテンポを速くしていくのがコツです。

余裕のある人は逆にとてもゆっくりのテンポで弾いてみましょう。ゆっくりのテンポの方がリズムキープをするのが難しいのが理解できます。

指の押さえ方を覚えよう

左手には2種類のフォームがあります。

①ロックスタイル

②クラシックスタイル

です。

①はネックを握りこむ持ち方で、メリットは弦を押さえる力が少なくて済むことと親指で4弦をミュートしながら押さえられることです。デメリットは指が動かしにくいので、左手が多く動く曲には向かないことです。

②は親指とその他の指でネックを挟み込む持ち方で、メリットは左手が多く動く曲に向くことです。デメリットは初心者には力が足りず、押さえにくく感じることです。

弦を押さえる時はどちらのフォームでも音を出したいフレットのすぐ左側を押さえます。きれいな音が出るのと最小限の力で押さえられるためです。1フレットに1本の指を使用し、指の腹の部分で押さえるようにしましょう。

ピック弾きと指弾きの違い

ピック弾きとはピックを使用して引く奏法、指弾きとは基本は人差し指と中指の2本で弾く2フィンガー奏法のことを言います。

ピック弾きは輪郭のはっきりした固い音が出ます。また指弾きは柔らかくて丸みがあり、ベースらしい音を出すことができます。

ピックの持ち方は、人差し指を自然な形で軽く曲げ、表から人差し指と十字になるように親指を添えます。ベースの場合はピックの先端が5mm~8mmほど出るようにします。

ダウンピッキングのみで弾く場合とダウンとアップ両方使用するオルタネイトピッキングがあります。粒を揃えたい場合はダウンピッキング、速弾きをしたい場合はオルタネイトピッキングが向きます。

指弾きの場合は親指をピックアップの上部に引っかけるのが一般的です。人差し指と中指を使って、指の腹の部分で弾きます。どちらから初めてもかまいませんが、最終的には両方できるようになるのが理想的です。

ベースはリズム楽器!メトロノームを使ってリズム感を鍛えよう

初心者から上級者まで必ず行う必要があるのがリズムに関する基礎練習です。

ベースはリズム楽器だからです。ベース=土台という名の通り、絶対的なリズム感で安定感を出し、曲を下から支えるのがベースの役目です。

メトロノームと仲良くなりましょう。まずは4分音符の頭打ちで頭拍を逃さない練習をします。BPM50でクリックと同じタイミングで4分音符を弾きます。

ジャストなタイミングで弾けるようになったら次は8分音符、その次は4分音符と8分音符を交互に弾けるように練習しましょう。本当にジャストなタイミングで弾けるようになると、メトロノームのクリック音が聞こえなくなります。

リズムキープのために一日10分!クロマチックスケール

1日10分クロマチックスケールの練習をするとリズムが安定します。BPM60、人差し指から小指まで全ての指を使いながら一つのフレットごとに動いていく練習です。1弦1フレットから開始し、2→3→4まで弾いたら次は2弦1フレットに移動し、同じ順番で弾いていきます。4弦4フレットまで行ったらこんどは3→2→1で戻ります。戻ったら次は同じ動作を1弦2フレットから開始し、行って戻ってきます。1弦3フレットから開始して戻るまでが1セットとなります。1セットがおよそ2分なので、4~5セットはできるでしょう。集中して行い、10分たったらできなくてもやめてください。この練習は他の音がなく自分の欠点がはっきりわかるので、ダラダラ続ける必要はありません。意識してほしいのは①均一な音の長さ②均一な音の大きさ③メトロノームからずれないの3点です。1か月から3か月続けると基礎力が上がる、とても効率的な練習法なので、初心者の方はぜひ試してみてください。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき