練習方法

英語の歌をカラオケで歌うとモテるってほんと?

カラオケと言えば、異性との出会いの場とも言えるのではないでしょうか?

歌そのもののうまさはもちろんかっこよさや、異性にモテるための要素ではありますが、どんな歌を歌うのかが、結構チェックされています。

その中であえて洋楽を選ぶとどうなのか?モテる?そんなテーマで本記事を書いてみました。

洋楽を歌うとモテそうだけど実際はどう?

洋楽を歌うと、邦楽よりカッコイイのでモテるのではないかと、皆さん一度は考えたことがあるかと思います。

結論から言いますと、

わからないが、かっこいいとは思われそう

です。

英語がかっこいいなと思わることはあっても、=モテるになるのかは約束はできません。

中には、洋楽を歌うことで調子に乗っているように不快な感情を持つ人がいるのも事実です。

ただ、「洋楽好き」には好印象を与えることが間違いありません!そして、女性は「洋楽好き」は多いんですよ!

普段洋楽を聴く人でも、カラオケで歌うとなると英語の壁が立ちはだかり、実際に歌う人の人数は聴く人より大幅に少なくなりますよね。

カラオケで洋楽を歌ってみることで、その歌や歌手が好きな人と意気投合し、趣味が合うと感じてもらえて、話が盛り上がる可能性は大いに期待できるはずです。

なので、洋楽は歌えて損はありません!

洋楽を歌うコツは?

カラオケで洋楽を歌うコツは、大きく分けて2つ挙げられます。

歌う楽曲を良く聴く

1つ目は、歌う洋楽をじっくり何度も聴くということです。

自分流に歌いこなせる人であれば、個性がアレンジとして活きるかもしれませんが、外国語の歌となると、聞き手からするとその個性がどう捉えられるのか微妙なところです。

英語で歌うことにややハードルを感じている人にとっては、自己流の巻き舌やしゃくりをなるべく入れず、オリジナルの楽曲を良く聴いて、可能な限りオリジナルの真似をして近づけることがカッコよく聞こえるための近道です。

英語の歌詞の意味を理解する

2つ目は、リズムやブレスを取りやすくするために、英語の歌詞の意味を理解しておくことです。

意味がわかれば、曲の感情の流れもわかるため、歌いやすくなると思います。

インターネットで曲名と和訳をキーワードとして検索すれば有志の方の和訳記事が見つかるものが多い(特に有名な洋楽であれば)ので、是非和訳を確認しておきましょう!

 

上にあげた2つは、日本語の歌でも同じでしょ?と感じられるかもしれませんが、英語という外国語の歌を歌う時には、どこまでその歌を歌う準備をしたかが重要になってくる要素なんです。

歌いやすい洋楽はなに?

一般的には、キーの幅が広すぎず、リズムが早すぎない歌で、パターンの少ない覚えやすいメロディの歌が、歌いやすいと感じられるかと思います。

Backstreet Boysの「I WANT IT THAT WAY」のように、繰り返しのパートがある曲は、英詞をどのように発音して歌うべきか覚えることが苦手な人にとっては、取りかかりやすい曲かもしれません。

その他、歌いやすい曲を探す際は、聞いている段階で、自分にあったリズム、自分にあったキーであると感じる歌を選ぶことをおすすめします。自分のキーに合っているかわからないと言う方は、一度メロディを歌ってみてスマートフォンのボイスメモ、レコーダー等で録音し、聴いてみて苦しそうに聞こえないか試してみることもおすすめです。

盛り上がる洋楽はなに?

カラオケで洋楽を歌って、雰囲気を盛り上げたい!

そんな人は、明るいCMで使われている洋楽や、テレビCM、番組の明るいシーンで使われていそうな雰囲気のある曲を歌ってみてはどうでしょうか?

Carly Rae Jepsen と Owl Cityの「Good Time」は二人以上で歌うときや、楽しい雰囲気で歌いきれる人には、おすすめです。

その他、アナと雪の女王が流行った際の、「Let it go」等、その時々の流行りの曲を歌うこでも、共感を得られ、盛り上がりに繋がるのではないでしょうか。

女子受けする洋楽はなに?

お目当ての女子が居るのであれば、その女子の好きなジャンルの洋楽からチョイスすることで、盛り上がってもらえるかもしれません。

コアなファンであった場合、そのアーティストは避けた方が無難な場合もあるかもしれませんし、女子受けする洋楽をひとくくりにすることは難しいですが、マイナーすぎず、よくテレビで耳にする人気の曲を選び、興味をもって聴いてもらえる可能性を上げてみてはいかがでしょうか。

とは言ってもやはり、素敵に歌いこなせている歌がかっこよく聞こえるものだと思いますので、上記でご紹介した自分に合う歌の探し方、上手く歌うためのコツなどをお試しいただき、カラオケでかっこよく洋楽を歌いこなせるようぜひトライしてみてください。

カラオケは歌唱力だけではなく、エンタメ力も必要

カラオケではやっぱり、一緒に居る人にもっと楽しんでもらいたい、そんなサービス精神溢れる方はリズムに合わせてマラカスやタンバリンを入れてみても良いかもしれません。

特に洋楽であれば、乗り切れない人がいるかもしれないので、場自体を盛り上げるエンタメ力が重要になってきます。

カラオケでは、基本的に、タンバリンやマスカラなどを借りられますし、部屋に備え付けられているカラオケ店も多いです。

自分からやりにくい。。。という方は、テーブルにグッズを置くだけでも、誰かがあなたの歌を盛り上げてくれるかもしれません。

他の人が歌っているときにも、エンターテイメント精神を持つことを心がけると、カラオケの盛り上がりとともに、ぐっとあなたの印象が上がるでしょう!

ただし、他の人の歌を邪魔してしまうような、行きすぎたパフォーマンスは避けたいところです。逆効果となり、空気が読めない人という扱いをされるかもしれません。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき