基礎知識

カラオケに男で1人…。ヒトカラは恥ずかしくない!部屋に入ればコスパ最強空間が待ってます。

カラオケでストレス発散したい!

カラオケで一人で行って練習をしたい!

そう思う人は少なくないのではないでしょうか?

それと同時に、「女性ならまだしも、男性の自分がヒトカラなんて。。。。」と感じる男性読者の方も多いのでは?

そんな悩める男性陣に朗報です!この記事を読めば、気軽にヒトカラに踏む出せること間違いなし!

さぁ、カラオケライフを楽しみましょう!

1人カラオケ(ヒトカラ)のメリットは?

周りを気にせず、ストレス発散になる

歌のうまい・下手。歌う順番。盛り上げ。など、一人であればそんなくだらないしがらみはありません

一人で歌いたいように、叫びたいように叫べる、最高のストレス発散になります。

普段の生活で大声を出せる機会というのは、ほとんどないと思いますので、カラオケでシャウトするのは最高ですよ!

集中して発声・カラオケの練習ができる

ボイトレ教室やカラオケ教室に通っていてもいなくても、一人で集中して歌の練習ができるのは、一人カラオケの特典といえるでしょう。

ボイトレ教室に通っていても、継続的な練習が上達への近道なので、一人カラオケは練習にもってこいの機会でしょう。

コスパがいい趣味

カラオケはドリンクバーもついているケースも多く、時間当たりの単価で考えると数百円と非常に安いですよね。一人カラオケであれば、文字通り一人で行動ができるので、気楽に行えますし、天気にも左右されないでリフレッシュができる、コストパフォーマンスがいい趣味といえるでしょう。

時間調整に使える究極の暇つぶしになる

暇つぶしというと少々過激ですが、普段の生活を過ごす中で、微妙に空いてしまう時間は多いのではないでしょうか?

携帯の機種変更の時間や、カード発行や、友人との待ち合わせ時間に早く突きすぎた、地方に行ったとき予定よりも早く着きすぎてホテルのチェックインの時間までまだまだある場合など

待ち時間というのは日常生活を送っていると発生しますよね?

そんな微妙な時間の使い方には1人カラオケがおすすめです。

1人カラオケで時間を過ごすということは「待つ」というより「満喫している」という感覚に変更されるため、時間を忘れて熱中してしまい、予定の時間が思っているよりも早く来るという印象になります。

そういった意味で、一人カラオケは、「究極の時間のつぶし方」と言えます。

ビジネスや試験でも使える、一人カラオケ

プレゼンの練習や、入学試験、就活対策でも一人カラオケは有効です。防音施設の中で、周囲の目を気にすることなく、練習ができます。

そして、意外にもこういった人前で話す練習を行っている男性は多いんですよ。

男性の1人カラオケに行ってみよう!

大勢でカラオケに行くほうが楽しいという意見はありますし理解もできます。

ですが、自分の好きな歌を何回でも歌いたくなることもあり、1人カラオケはもはや珍しいものではありません。

ここからは、男性の一人カラオケに行くときのポイントについて紹介していきます。

行きやすい季節や時間がある

男性の一人カラオケは行きやすい季節や時間があります。

学生の休みの期間を避けると1人カラオケに行きやすいです。

学生が団体でいる場合、なぜか1人の人間を見つけると、こそこそし出しこちらをチラチラ見ているような気分になります。実際に見られているわけではなくても、やはり若い学生達が集団でいるとそういう風に感じてしまいますよね。。

なので、割り切って学生の春休み・夏休み・冬休みの季節は避けて行きましょう

平日の昼間が一人カラオケの穴場

時間帯は平日の昼間がおすすめです。

夜や深夜になると人も多くなり思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
平日の昼間のカラオケ店はガラガラで人も少ないです。

社会人になるとなかなか時間的に厳しいものがありますが、学生ならば午前の授業のみとかの場合気軽に行ける時間になります。

昼間の時間帯は、周りで1人カラオケをしている人も多いので1人で来ているのですが仲間入りした気分にもなります。

行きつけのカラオケ店を作る

行きつけのお店を作るということを実は重要なポイントです!

おすすめは、ドリンクバーがあるお店です。
自分の好きなタイミングでドリンクをとりに行けますし、店員が入ってなぜかこちらが恥かしくなることもありません

行くたびにポイントが付くお店だと常連になった場合、お得に1人カラオケができるようになります。

気分転換やストレス解消、好きな歌をうまくなるための練習もできるので気軽に1人カラオケができるお店を探すことが大事です。

店の人は思った以上に気にしていない

行きつけのお店を作るとはいうものの、そうなると「店員さんの目が気になる」と思われる方は多いのではないでしょうか?

ずばり、大丈夫です。店員さんからすれば全く気になっていません

実際、店員さんは、お客さんのことをいちいち気にしていません。

楽に仕事(バイト)ができて、早く時間が過ぎればいいと思っている人も多いと思います。

団体で来ても1人で来ても店員さんの時給は変わらないので、団体で来ている人たちの相手をしなければいけないので1人で来ているお客さんのほうが楽と言えます。

1人でカラオケに来るお客さんは部屋も綺麗に使っているため掃除も楽になりますし、SNSやインターネットの掲示板などでは1人カラオケは歓迎される意見も多いです。

もう一度言いますが、店員さんは、お客さんがヒトカラをしようが、カップルで来ようが、友達と来ようが、気にしてません。

【結論】カラオケは男1人でガンガン行きましょう

男性の一人カラオケは、確かに躊躇する部分はありますが、良く考えてみれば、メリットしかない、最高の趣味です。

店員さんもあなたのことを気にしたりしません。

ストレス発散にも、時間の有効活用にも、ビジネスにも活用できる、一人カラオケ。

さぁ、まず一度試してみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき