練習方法

大人から始めるピアノレッスン!初心者でも楽譜がスラスラ読める7つの秘訣

楽譜に慣れよう!初見で音符が読めるようになるには?

音符が読めない人が「ドレミファソラシド」と音を反復練習して聞いて覚えようとしても、ド以外の音がいまいち覚えにくいです。

まずは「自分は楽譜が読めない」、「楽譜を読むには難しい」という先入観を捨てることが大切です。

やるべきことは、楽譜に書いてある音符をすべて消すことです。

というのは、音符が書いてあると、ついついその音符を目で追ってしまうので瞬発的に「この音符の音は?」と聞かれてももたもたしてしまうからです。

楽譜に描いているラインは何の音を出しているかということ覚えます。

ト音記号の5つのラインのうち一番下のラインは「ミ」、一番上のラインは「ファ」というこの2つを先に覚えます。その後、ヘ音記号の一番下のラインは「ソ」、一番上のラインは「ラ」という2つを覚えます。合計4つを覚えて基準としておきます。

ピアノは独学では難しい?教材選びが大切です

ピアノに限らず独学をするということは自分のペースで勉強ができるため有効な方法です。しかし、楽譜の見方や指の動かし方には不安があります。

教材選びをちゃんとすることによって時間を有効に使うことができて楽しくピアノを学ぶことができます。

教材を選ぶときは2種類の教材を使います。

ピアノ基礎の教材

1つは「ピアノの基礎」を学ぶことができる教材です。勉強をするイメージでいうと教科書に当たります。基礎練習は単調なものが多いですが難しい曲ほど基礎を問われるのでしっかりと基礎練習が学べる教材を選びます。

楽譜が記載されている教材

2つ目は楽譜が記載されている教材です。勉強で例えるならば問題集にあたります。クラシックでも自分自身が好きな曲でも何でもいいです。2種類の教材を用いて独学で勉強することが趣味の範囲であれば可能となります。

未経験でも大丈夫、先ずは体験レッスンを!

やはり独学ではいまいち上達できないのでは…と感じる方はレッスンに通ったほうが良いです。

しかし、いきなりレッスンを開始しようとしても合わないからやめたとなるとお金と時間がもったいないです。

何事も無料体験や少額の体験レッスンをすることで流れと教室の空気を体験できて通ってみようかな?と思うことが大切です。

子どもと一緒に通って、イチから親子で一緒に楽しもう

お子様がいらっしゃるのであれば一緒に通って楽しんでみるのはいかがでしょうか?

お子様も楽しむことができれば将来的にも道が開くことができます。

ただし、お子様を連れていく際に注意することはお子様に無理強いをしないことです。

やはり、お子様重視になってしまうことになるので親だけが楽しんでしまうと子供は「いったいなぜここにいるのだろう?」と疎外感を感じてしまうからです。

あくまでも一緒というスタンスは崩さないようにしましょう。

先輩ママの声を聞いてみよう

子供と一緒にピアノレッスンをするときに注意したいことは子供がレッスンに集中しないことです。

先輩ママたちもこの集中力の持続に悩んでおられました。

完全に通わせることをあきらめた方もいらっしゃいます。では通わせ続けたられ方はどのようなことをしていたのか。
「~しなさい」と言い聞かせるのではなく「お母さんは〇〇くん・ちゃんのピアノを弾く姿を見たいな」といった自分の想いを伝えることです。

さらに、うまく弾くことができなくてもきちんと褒めてあげることが重要です。褒めることで集中力がアップされるからです。

何よりも子供と一緒に楽しもうという気持ちが一番重要ですよ!

あなたのピアノ教室選び、間違っていませんか?

ピアノ教室は料金だけで判断すると後悔することになります。

安ければよいというものは安物買いの銭失いです。ピアノ教室の料金制度には月謝制とワンレッスン制があります。
ピアノの到達度に目標がある場合は月謝制をおすすめします。ちょっと趣味である程度まで弾けるようになれればよいと目標が抽象的な場合ワンレッスン制をおすすめします。

通う回数が同じであればワンレッスン制のほうが高額になります。習い事には挫折がつきものです。グループレッスンをすることによって仲間ができお互いを励まし合いながら続けることができておすすめです。

スクールは大手と個人教室のどちらがいいの?

大手と個人の差はわかりやすいのは料金です。

大手のほうが料金は高めですが施設の差が大きく利用はしやすいです。

個人経営の場合、自宅や借りている場所でレッスンをされており音楽的な設備としては乏しいです。
大手の場合フランチャイズ化されていることが多くホームページなどをチェックすることで大手同士を見比べることも可能となります。

個人経営は千差万別で細かく分かれすぎてなかなか把握することが困難です。ホームページでチェックをしようとしてもウェブサイト自体作成されていないケースもあるので、口コミや周りの意見を参考にすることをおすすめします。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき