ピアノ教室

横浜でピアノ教室に通うなら。教室の選び方を徹底サポート!

横浜でピアノ教室を選ぶ際のポイント解説

目次

横浜でピアノ教室をおススメする理由

みなさん、ピアノを弾きたい、子供に習わせたいと考えた時、ピアノ教室に通うのか、自分で勉強する方が良いのか、迷ってしまうのでは無いでしょうか。

実際に経験した私からすると、断然ピアノ教室に通う方をオススメします!
どうしてそう断言できるのか、その理由の5つを横浜のピアノ教室の良さと供にお伝えします。

①熟練の技を直接教わることができる

自分で調べたりして練習していくより、ピアノ教室で教わる方が、早く習得していけます。
ピアノ以外の場合でも、その事に長く携わり、なおかつ生業にしているような方に直接教われるというのは、いち早く習得していく最良の方法だと思います。

昨今、検索したり、YouTubeなどの動画を見たりすることで、欲しい情報がすぐ手に入る時代ではあります。
ですが、本当にその情報を信じても良いのでしょうか。そのように自分の力だけで学んでいくと、間違っている”かもしれない”練習をしてしまい、上達も遅くなり、さらには独特な弾き方になってしまったりして、気付いたら、通っている人達にどんどん追い抜かれていってしまう・・・なんてことも。

②自分に合う練習方法がわかる

横浜にあるピアノ教室には様々な人が通っています。つまり、教室の講師のみなさんは、ご自身の経験も含め、それぞれの人に合う練習方法を理解されています。生徒に合う練習を考えてくれるので、意外と自分ではわからない、得意な部分が実感できたり、苦手な部分を克服していけるような練習のし方も的確に教えてもらえます。

練習の内容から、上達していくための順序や日程も講師の方にお任せできるので、安心して練習していけます。与えられる練習を自分のものにしていくだけで、次のステップへと進んでいけるのです!

③わからない事はすぐ聞ける

もちろん、一生懸命に検索して攻略法を探し出すこともできるかもしれません。ですが、目の前にいる講師の方に直接聞くのがいちばんの近道です。技術的なこと以外でも、不安に感じていることもお話しできたり、例え、子供の拙い質問でもお答え頂けるのは、ありがたいことです。

④ピアノに長けた方の安心できる判断を仰げる

親身になって教えてもらえる一方で、きちんとプロの目で評価をしてもらえることも、ピアノ教室に通うべき点です。

身内に聴いてもらったとしても、個人の偏った意見であったり、ちょっと贔屓目な感想だったりすることもあるでしょう。講師の方の冷静な評価であれば、素直に聞き入れることもでき、直すべき所もわかりやすく、褒めれた時は自信にもなります。プロの方ならではの、より詳しく具体的な指導を受けられるので、すでにピアノが弾ける方も改めて通うと、目からウロコのアドバイスが受けられるでしょう。

⑤やる気を持ち続けることができる

私は一人でコツコツ練習していくことが苦手でした。同じような方も多いのではないでしょうか・・・
ピアノの練習というのは、思いついた時だけ練習するというのでは、なかなか成長できません。今の状態を保てるくらいです。

ピアノ教室に通えば、練習もやる気を持って続けていけるのです。また、教室に通うと、自分以外にも頑張ってる人もいるのがわかりますし、講師や、他の生徒の方との交流もでき、通うのも練習も、より楽しく続けられます。

横浜で良いピアノ教室を見つけよう

継続できるピアノ教室を見つけるための条件にもなる5つの事をお伝えします。良いピアノ教室を見つける手掛かりにしてみてください!

①基本となるテキストが用意されている

もちろん、すでに十分弾ける方にとってはテキストが無くてもいいのですが、お子様や初めてピアノを習う方には、テキストというベースがある事で、それぞれに合う練習をしつつ、テキストの内容に沿って練習する事で、無駄がなく進めていく事ができるでしょう。

基本的に大手のピアノ教室では、制作しているその教室ならではのテキストを使用し、個人のピアノの先生の元では、市販のテキストを使う事が多い傾向があります。
注意点としては、テキストの費用は月謝とは別に必要になる事もあります。先にしっかりチェックしておきましょう。

②どんな音楽のジャンルを教えてくれるのか

ピアノの演奏方法は、クラシックとジャズでは大きく変わってきます。その教室で弾きたいジャンルを教えてくれるのか、事前に必ず確認しておきましょう。また、自分が弾きたい譜面での指導をしてくれるのか、その予定がある方は確認を忘れずに。

③レッスンの日の変更は可能かどうか

働いてる人や、学生、子供も、急に予定が変わる事が案外多くありますよね。
そんな時、臨機応変に日付や時間の変更が可能かどうかも、大事なポイントです。変更できた場合、別途費用が必要なのか。こちらも確認が必要です。

④練習スタイルは講師との一対一の指導であるか

せっかくピアノ教室に通うなら、一対一での練習であるべきです。
何人かで一緒に練習するスタイルより、料金は少々高くなる事が多いですが、一対一であれば、当然その時間は、講師も自分に集中して教えてくれますし、子供も気が散らず練習できます。他の人の前で弾くというプレッシャーも感じずにしっかり練習に集中できます。

⑤教室の場所が通いやすい所にある

長く続けていくためには、通いやすいというのも、大事な点です。自宅から遠い場所にあったりすると、練習に行くこと自体も億劫になってきて、次第に離れてしまうことにもなりかねません。家の近所であったり、職場や学校の帰りに行ける場所など、横浜市内の生活圏内の場所にあるピアノ教室を是非選びましょう

自分に合ったピアノ講師の見分け方

横浜でピアノ教室を選ぶことと同じくらい、教わる講師との出会いもとても大事です。
大手のピアノ教室なら、講師の人数も豊富なので、自分に合う講師を見つけて、毎回同じ方のレッスンを受ける事もできるので、是非この4つのポイントを意識しておいてください!

①初めて会った時に感じたこと、そして気が合うか

ピアノ講師を選ぶ時、やはり大事なのは最初に受けた印象と気が合うかどうかです。もし合わないかも・・・と感じた場合は、別の方も紹介してもらいましょう。ピアノを習うのだって月謝がかかりますし、お子様を任せる場でもあります。そこは曖昧にせず、安心して信頼できる講師を選びましょう。

②教え方がわかりやすく、雑でないこと

例えば、プロにしかわからないような言葉を使い、ただ「こうしなさい」と言うような先生もいるかもしれません。そんな方ではなく、こちらからもわからないことや、不安なことを話せて、初心者ならではの小さな疑問でもちゃんと答えてくれる先生を選びたいですね。会話もしっかりできて、わかりやすく教えてくれる先生でないと、満足のいくレッスンになりませんよね。

③生徒のモチベーションを保つ、ポジティブな声掛けをしてくれるか

いつでも「練習がんばろう!」と思えるような声を掛けてくれる先生を選びましょう。
ちょっと伸び悩んでいる時に、ただできてない所を指摘し、一方的な指導をする先生ではなく、寄り添って、やる気がでるようにポジティブなことを言ってくれる先生に出会いたいですね。

④年齢による教え方の違いが理解されているか

ピアノのレッスンにおいても、大人に教えるのと子供に教えるのとでは、指導のしかたが変わってくると思います。

大人は、自らピアノ習いたいんだという気持ちで通っているので、なぜそうなるのか、という所を大事にし、目指す方向も自分でわかっています。一方、子供の場合は、通わされているという気持ちになることも多く、何か表現することに照れてしまう子もいます。
大人は、自分からどんどん質問する事ができますが、子供は、先生に思っていることをうまく話せなかったりします。そういった違いをわかった上で対応している方じゃないのかもと感じたら、別の先生も視野に入れておきましょう。

 

横浜で大手ピアノ教室に通うメリット

横浜でピアノ教室を選ぶ方法。大手教室メリットは。

ピアノを習うには、個人の先生がやっているピアノ教室に行くか、大手のピアノ教室に行くかの2つの方法があります。私の実体験から、5つの点に注目して比べてみました。結論から言うと、個人の意見ですが、大手のピアノ教室がオススメです。

①横浜の大手のピアノ教室では、講師も多く、レベルも安定している

横浜の大手のピアノ教室だと、講師のレベルがある程度安定しています。なぜなら、雇用形態は関係なくその会社の代表として教える以上、会社は事前にトレーニングやテストをして、ある程度のレベルに保つようにする必要があるのです。また、講師も多く所属しているので、何度か教わっていても、どうもしっくりこない場合は、次のレッスンから別の講師に変える事もできますし、講師の急な予定の変更があったとしても、レッスンが無くなってしまうという心配もありません。この点が、横浜で大手の教室に通う利点の一つです。

一方で、横浜の個人のピアノ教室では、先生一人で指導しているので、その先生がいいか悪いかの差も出てきます。しかも先生は一人なので、先生の都合でレッスンが急に無くなってしまう事もあります。ただ、個人のピアノ教室でもきちんとスケジュール管理をされて、技術もハイレベルな方が、もちろん、たくさんおります。

②指導内容は、どちらも良し悪しがある

横浜の大手のピアノ教室では、教室共通の指導内容が決まっている事も多く、どこの場所に行っても共通の内容で進めていくことがほとんどです。また、たくさんの生徒を指導してきた実績を元に、知識や技術も豊富にあるので、指導内容を作成する際に、生徒それぞれに合う内容で作ってもらえるので、よりスムーズな成長が期待できます。

反対に、横浜の個人のピアノ教室では、基本の指導内容があるわけではなく、生徒によって内容は様々なことが多いでしょう。例えば、「自分のやりたい曲がある」「ある程度基礎はできてるから、決まった指導は必要ない」という方は、個人の先生の元で習うのをオススメします。ただ、近頃は大手のピアノ教室でも、様々な要望に応えて、好きな曲を練習させてくれたりするプランがある所もあるようです。

③横浜の大手のピアノ教室では、発表会やコンクールに参加できる

横浜の大手のピアノ教室は、発表会やコンクールを主催し、年1回ほどのペースで開催されるので、がんばって練習して成長した姿を披露できる場が設けられています。絶対に参加しなくてはならないわけではありません。ですが、上手く弾けるようになるためだけに練習していくより、この日までにがんばろう!と目標がある方が、めきめき上達していけるものです。

せっかくピアノを習っているのなら、試しに発表会にチャレンジするのもいいと思います!お子様が通っているのであれば、がんばっている様子を見れますよ!大手のピアノ教室なら、気軽に参加できます。

④横浜の個人の先生の方が通いやすいのかどうか

もしかしたら、自宅の近所で良い個人のピアノ教室があるかもしれません。ですが、なかなかピアノ教室自体が見つからない事も多いです。一方、大手のピアノ教室は、割と駅近にあるので、仕事や学校の帰り道、お買物でよく行く所にあるのではないでしょうか。

⑤月謝などは、個人のピアノ教室の方が少しお手頃かも

大手のピアノ教室では、設備費や教材費などが含まれるので、少し個人の教室より月謝などが高い印象があります。

 

ピアノを継続するうえで大切なこと

ただピアノ教室で習っているだけで、どんどん上達していく人なんて、あんまりいませんよね。せっかく教わっている練習をムダなく活かすために、大事にしたい3つのことがあります。

①ピアノ教室で習ったことを毎日繰り返し練習しよう

ピアノ教室で教わってできた事もでも、その一回では会得できません。次の教室の日まで、教わった事を毎日自宅で何度も練習しましょう。繰り返し練習する時に大事なことは、教わったことをそのまま正しく弾く練習をすることです。

②練習時間は、10~30分程度の短時間に集中しよう

どんな人でも集中力は長く続きません。さらに長時間の練習を毎日続けることも非常に大変です。短い時間で、集中して練習する方が効果的です。子供なら10分、大人でも30分くらいを目安に!毎日続けていく事で、大きな成果に繋がります。

③自分の演奏を録音して聞いてみる

いつも弾いてる時に聞こえてるじゃないか、と思うかもしれませんが、自分の演奏を改めて冷静に聞き返すことは、とても大事なことです。
みなさん必死に弾くことに集中しているので、例えば、細かいリズムの違いなどに気がつかないものです。今はスマホなどで簡単に録音できますので、演奏を録音するのを習慣にしましょう。少し前の演奏を久しぶりに聞いてみることもしてみると、自分の成長も実感できますし、よりやる気もでてきます。

ここまで、ピアノ教室に通う方がいい理由や、教室・講師をどんな点に注目して選ぶべきかをお話ししてきました。
私の個人的な意見ですが、良い方法は、ピアノ教室に通い、尚且つ、大手のピアノ教室が良い。という考えに落ち着きました。

最近では、体験レッスンを無料で行う教室も様々あるので、いろいろな所を体験して、しっかり自分に合うピアノの練習方法を探しだしてくださいね。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき