ピアノ教室

福岡でピアノ教室を選びたい人必読!選ぶ際に知っておきたいポイント解説

福岡でピアノ教室を選ぶなら

福岡でピアノを習いたい、あるいはお子さまに習わせたいと思ったときに、ピアノ教室に通うのか、独学で頑張るのかというところにまず迷われるのではないでしょうか。 実体験を踏まえて結論から言うと、絶対にピアノ教室で先生に習うべきです。 その理由は、ピアノ教室だからこそ得られるメリットがたくさんあるからです。そのメリットを5つ、ご紹介いたします。

福岡でピアノ教室を探す際のポイント解説!

ピアノを始めるなら、なぜ独学よりもピアノ教室に通った方が良いのか、理由をポイント毎に解説します。

①ピアノのプロから専門的なレッスンが受けられる

独学でピアノを勉強をするより、ピアノ教室で学ぶ方が上達スピードが圧倒的に早くなります。 ピアノに限った話ではないのですが、その道のプロから学ぶのが、上達のための最速ルートに間違いありません。 現在、youtubeなどの動画サイトや、インターネットの検索で必要な情報を調べることはできますが、その情報は本当に正しいのでしょうか?

独学で練習をする場合、そういった”真偽がわからない練習”をしてしまうケースが多く、それは非効率的なだけではなく、変なクセがついてしまうことで、最悪の場合、上達はおろか、基礎を身につけることすら出来ないということも起こり得るのです。特に全くの初心者の場合、基本の技術から丁寧に教えてくれる、プロの先生に教わるべきでしょう。

②自分に合った指導が受けられる

ピアノ教室の講師の多くは、これまでに数多くの生徒さんを見てきています。そのため、個人に合った教え方というものを熟知しています。 生徒一人一人に合った練習方法でレッスンしてくれるので、長所・短所に対して適切に指導してくれ、長所を伸ばしながら、短所を改善するというレッスンが受けられます。上達のための最短ルートを講師が作ってくれるので、練習することだけに集中することができ、練習の方法や手順を考える、という作業を省くことができるのも、福岡でピアノ教室に通う大きなメリットです。

③疑問や不安をすぐに解消できる

疑問や不安なことがあれば、すぐに講師に相談や質問ができるという点も、福岡でピアノ教室に通うメリットです。 練習を続ける上で必ず出てくるのが「疑問」です。「この部分がどうしても弾けない」「上達の実感が持てない」など、疑問や不安を直接ピアノ講師に即確認して、一つずつ解決できるのがピアノ教室のいいところです。講師も、ひとつひとつの相談や質問に丁寧に答えてくれるので安心です。

④客観的に評価をしてもらえる

自分の演奏の出来ばえの評価を、ピアノのプロから客観的に得ることができるのは、ピアノ教室ならではのメリットでしょう。ピアノ講師は自らもピアノ演奏で身を立てるプロです。ピアノのプロからの評価は、良い点、修正点の全てがプロならではの視点による細かく具体的なものです。そのため、指摘された修正点を直すことで即上達につながりますし、褒められた良い点は、そのまま伸ばしていくことで自信につながります。

幼い頃にピアノを習っていて、独学で腕を研いてきた人でも、改めてピアノ教室に通ってみることで、これまで気が付かなかったポイントに気が付けることでしょう。

⑤モチベーションを保つことができる

これもピアノに限りませんが、毎日決まった時間、一人で黙々と練習を続けることはできるでしょうか? 単発で思いついた時に、あるいは時間ができた時に練習をするだけでは、残念ながら上達はしません。現状維持が精一杯です。 モチベーションの維持ができ、一定の練習時間が継続できるのは、ピアノ教室に通う大きなメリットと言えます。 また、ピアノ教室に通うことで、他に練習している人がいれば、頑張ってるのは自分一人じゃないと思える点も大きいです。

ピアノ講師やピアノ教室の他の生徒さんと繋がりを持ち、時には刺激し合うことで、ピアノ教室に通うことも楽しくなり、練習自体が楽しみになってくることでしょう。

福岡でピアノ教室を選ぶ際に注意するポイント5つ!

福岡でピアノ教室を選ぶ方法徹底解説。大手教室に通うメリット

ピアノ教室を選ぶ時に注目すべき、5つのポイントをここで紹介いたします。ピアノ教室を選ぶ際の参考にしてみてください。

①教材、カリキュラムがあるか

ある程度のレベルに達している方は必須ではないのですが、基本的に多くの人に共通して言えることは、教材やカリキュラムが具体的に準備されているピアノ教室がお勧めということです。

上達のために均一に練習が進められる教材やカリキュラムという道しるべが用意されていることで、生徒各々に沿った柔軟なレッスンをしつつも、効率的に上達ができるレッスンを受けられます。

一般的に福岡の大手ピアノ教室では独自制作した教材が用意されており、福岡の個人ピアノ教室では市販の教材を使うケースが多いです。
ちなみに教材は、月謝とは別費用が発生する場合がありますので事前に教室に確認をしておきましょう。

②どんな音楽ジャンルが習えるのか

例えば、クラシックとジャズでは、ピアノの演奏の仕方が全く異なります。
自分が弾きたいジャンルの音楽がそのピアノ教室で習えるか、必ずチェックしましょう。
また、「この曲が弾けるようになりたい」といった目標のある人は、持ち込みの楽譜での練習が可能かどうかも確認をしておきましょう。

③レッスンの振替ができるか

仕事や学校の都合、あるいは体調不良などで、突然レッスンに行けなくなるということはよくあるもの。そんな時に、ある程度はフレキシブルに時間変更や日付変更ができるかはピアノ教室を選ぶ上で重要になってきます。

レッスン時間は変更ができるのか、変更できる期限や、追加費用はかかるのか、ということは必ず確認をしておきましょう。

④マンツーマン指導があるか

福岡のピアノ教室で学ぶなら、マンツーマン指導がおすすめです。グループレッスンより、マンツーマンレッスンは割高にはなりますが、先生を独占できますし、他の人を気にすることなく、集中して自分の練習ができます。
また、「恥ずかしくて、人前で下手な姿は見せたくない」という方でも、マンツーマンレッスンなら気がねなく練習に専念できます。

⑤福岡のピアノ教室へのアクセスはどうか

ピアノを習いはじめたなら、教室には定期的に通うことになるので、通うのに時間がかかる場所にあると、レッスンに行くことが煩わしくなり、通い続けることが難しくなってしまいます。
なので、できるだけ家や職場、学校から近い場所を選びましょう。
電車の沿線や、お子さまの登下校の途中など、生活をしているエリアの中にある教室選びをすることをお勧めします。

ピアノ講師の選び方

福岡のピアノ教室選びには、実際に指導をしてくださる講師も非常に重要となります。福岡の大手のピアノ教室であれば、複数のピアノ講師が在籍しておりますので、自分にあった先生を見極めて指名をすることが可能なので、これから紹介する項目を覚えておくとよいでしょう。

直感(第一印象)+相性はどうか

ピアノ講師を選ぶ上で一番重要になるのが、ズバリ第一印象です。講師と生徒という関係には、当然合う、合わないというものがありますので、合わないと感じる場合は勇気を出して断わりましょう。せっかくお金を出してピアノを学ぶのですから、妥協することなく、気持ち良く、納得のいくレッスンが受けられる講師を選びましょう。

説明が丁寧か

講師から一方的に指導をするスタイルで、説明に専門的な、小難しい言葉を使う先生は辞めておきましょう。生徒からも質問や相談ができる、両方向のコミュニケーションが出来て、どんなに些細で簡単なことでもしっかり生徒の話を聞いてくれる先生を選びましょう。疑問をキチンと聞いてもらえて、丁寧に指導をしてくれる先生でないと、上達が遅くなるだけでなく、レッスン自体にも不満が溜まってしまいます。

やる気を維持させてくれる前向きな言葉をかけてくれるか

講師がやる気が出るような言葉をかけてくれるかどうかは、講師選びで重要な要素です。
なかなかうまく行かないときに、頭ごなしに否定をしてやり方を押し付ける先生ではなく、一緒になって考え、前向きな言葉をかけてくれる先生をお勧めします。

大人と子供のレッスンが区別されているか

大人のためのピアノレッスンと子供のためのピアノレッスンでは、進め方に大きな違いがあります。
大人は自分の意志でピアノ教室に通っているので、理屈や理論を理解することに重きをおき、目的を明確にもっています。一方で子供は、自分の意志が弱く、恥ずかしがり屋でシャイな子もいます。

そのため、大人のレッスンでは、生徒が質問することが多い一方で、子供は先生になかなか意見を伝えることができないこともあります。そのため、レッスンを受けていて、大人であれば、質問に丁寧に答えてくれるか先生の説明がわかりやすいかという点、子供であれば、キチンと説明してくれるという点の他に、子供の性格を理解して向き合ってくれているか、という点に注目して先生を選ぶとよいでしょう。

 

福岡のピアノ教室 企業運営と個人どう選べばよい!?

福岡でピアノ教室を選ぶ方法 (1)

福岡のピアノ教室には、個人運営のピアノ教室と、企業運営のピアノ教室の2種類があります。筆者が実際に通った経験から、2つの教室の特徴を5つの項目から比較してみました。自分やお子さまがピアノを習うにあたっての希望と照らし合わせて、ピアノ教室を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

①講師の質と選択肢の多さで選ぶなら企業運営の教室

福岡の企業運営のピアノ教室では、一定の講師の質が保たれています。というのも、契約形態はどうあれ、その企業の看板を背負って講師をする以上、企業側は、講師に対して研修やテストを行い、一定の水準の質を保つ必要があるためです。

また、複数の講師が在籍しているので、どうしても合わない講師がいた場合は、次回から講師変更をすることができるほか、突然の講師のスケジュール変更によってレッスンがなくなるということもありません。

このように、講師を自由に選ぶことができるというのが、企業運営のピアノ教室の大きなメリットといえます。

一方で、個人運営のピアノ教室では、その名の通り、1名だけで運営を行っているので、講師自身の当たりはずれが大きいです。さらに、講師が一人しかいないため、講師のスケジュールにより、レッスンが突如行われないなどのこともあります。

もちろん、個人運営のピアノ教室でも、レッスンの内容やスケジュールの変更がないよう管理をされている教室もあります。
ですが、講師の質や自由度にこだわるのであれば、やはり企業運営の教室をオススメいたします。

②それぞれのカリキュラムの特徴

福岡の企業運営のピアノ教室では、大元となる企業が作成した独自のカリキュラムが用意されているケースが多く、全国の教室でカリキュラムやレッスン内容が統一されているケースが多いです。また、これまで多くの生徒を指導してきたノウハウをもっており、カリキュラムを組むにあたって、生徒各々にあったプログラムを組んでもらえますし、上達については保証できます。

一方で福岡の個人ピアノ教室では、カリキュラムはなく、その生徒に合わせて講師が自分で考えて対応しているケースが多いです。レッスン内容や指導法は当然講師によって変わりますが、その反面、「持ち込みで曲を練習したい」「やり方はわかっているから、カリキュラムなどはいらない」という方には、柔軟に対応してもらえる個人教室の方がいいかもしれません。

最近では企業運営のピアノ教室でも、そういったニーズを踏まえて、生徒が練習したい楽曲をレッスンできるシステムを導入しているところも増えてきています。
どんなスタイルのレッスンが自分に合うのか、体験レッスンを受けるなどして考えてみるとよいでしょう。

③発表の場が多く用意されているのは、企業運営のピアノ教室

企業運営のピアノ教室なら、その教室が主催する発表会やコンクールが定期的に開かれるので、練習してきた成果を人前で発表するというチャンスが多く用意されています。
もちろん強制参加ではありませんが、ただ漠然と「うまくなりたい」という気持ちで練習するよりも、決まった目標がある中で練習をするほうが、上達スピードが速いことも事実なので、発表会やコンクールは上達やモチベーションの向上には最適な場です。
また、お子さまを通わせるのであれば、お子さまが一生懸命に練習したピアノを披露する晴れ姿は、ご両親も見たいはず。企業運営のピアノ教室であれば、気軽に発表会にエントリーすることができます。

④福岡の個人運営のピアノ教室の方が通いやすい場合もある

個人運営のピアノ教室は、講師が自宅で開いているケースが多いです。そのため、ご自宅や学校、職場の近くで良い教室が見つかるケースもあります。
ただ、個人運営のピアノ教室は、ホームページやチラシで大々的に宣伝をしている場合は少なく、近所に教室を見つけることは難しいという側面もあります。
企業運営のピアノ教室は、駅から徒歩圏内の立地にあるケースが多く、家は近くなくても職場・学校・買い物といった普段の生活圏の中にある場合も多いのではと思います。

⑤費用面では、福岡の個人ピアノ教室がやや安い傾向

設備費や教材費等がかかる分、一般的に企業運営のピアノ教室では、多少個人教室より割高に設定されています。
前述のように、個人運営のピアノ教室は、講師の自宅で開かれている場合が多く、教材も市販の楽譜などですので、講師の運営方法にもよりますが、企業運営の教室と比べれば比較的安価な教室が多いです。

ピアノ教室に通った方がよいこと、また、どのような教室に通えばよいかをご説明致しましたが、ただピアノ教室に通っているだけでは、上達はなかなかしません。

ピアノの練習 こうすれば早く上達する!

せっかく習っているピアノレッスンの効果を最大限に発揮するための3つのポイントをご紹介いたします。

①レッスンで学んだことを、毎日反復練習をする

一回ピアノ教室で学ぶと、できた気になってしまいますが、それだけでは身に付いたことにはなりません。レッスンで習ったことを、体にしみこませることが重要です。

そのため、次のレッスンまで、レッスンで習ったことを毎日家で反復練習しましょう。自宅で反復練習をする際のポイントは、レッスンで注意されたこと、褒められたこと、そのときの演奏を思い出して、正確に再現できるように練習することです。

②10分から30分の短い時間で集中して練習する

人の集中力は長い時間続きません。また、長い時間の練習を毎日続けることは、よほどの人でないとできません。お子様の場合は10分、大人の場合は30分程度の、短期集中での練習を、毎日必ずしましょう。ちりも積もれば山となるのです。

③演奏を録音して聞き返す

これは、意外に思われる方もいるかもしれません。しかし、自分の演奏を客観的に聞いて振り返ることは、実は重要なのです。
弾いているときは、弾くことに一生懸命で、細かなリズムのズレに気がつきにくいものです。スマホがある今では、録音も簡単に行えますので、自分の演奏を録音してみましょう。
昔の演奏を振り返れば、上達を感じることもできますので、モチベーションアップにもつながりますよ。

以上、福岡のピアノ教室に通うメリットや、教室・講師の選ぶポイントをご紹介いたしました。

 

私個人のおススメは

・独学ではなく、ピアノ教室に通う
・個人ではなく、企業運営のピアノ教室に通う
ということです。

無料の体験レッスンを行っているピアノ教室もたくさんありますので、無料体験レッスンをいくつかトライしてみて、納得のいくピアノ教室、ピアノ講師を探してみてください!

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき