基礎知識

ボイトレの基礎 リップロールの効果やメリット

リップロールのメリットとデメリット

リップロールで得られる効果

幸福, 裏面, 女性, 若いです, 女の子, 人, 魅力的です, 陽気です

唇や表情筋の安らぎ

リラックスすることは、伸びのある声を出すためには不可欠なことです。喉や舌、首、肩などが力んでしまっていると、声が硬くなるだけでなく、喉を傷める原因にもなりかねません。リップロールを行うときの振動によって、表情筋や首・唇の筋肉の緊張をやわらげることができますし、普通に声を出すときのように力を入れすぎてしまうこともないので、無理のない発声練習をすることができます。

それによって、リップロール時のリラックス状態と、実際に歌うときの筋肉の状態とを近づけることにつながります。

音程が正しく取れるようになる

音程というものは、声帯のひだが収縮するときの小さな動きによって作り出されます。また、口の中の形や唇の形ではなく、声帯だけで作られる必要があります。リップロール中に音程の上げ下げをするとき、動くのは声帯だけなので、声帯のみで音程を作る基礎トレーニングにつながるのです。唇を震わせた状態を持続しながら音程を上下させることは、普段の発声のときに行うよりも集中しなければなりません。

この大変な作業を繰り返すことによって、声帯の開閉、細かい音程調整がしやすくなります。それだけでなく、口を閉じた状態でリップロールをすると、発声した音が骨伝導によってよく耳に伝わり、自分の音程を十分に認識し確認することもできます。自分の発声を正しく把握することも、音程のコントロールには非常に重要なことです

横隔膜が鍛えられる

リップロールを行うときには、息を一定量出し続ける、すなわち息の量の増減がなめらかでなければ止まってしまいます。ですので、腹式呼吸をして横隔膜で空気量を調節する必要があります。リップロール中には唇を閉じた状態でその隙間から息を押し出すかたちになってるので、普通に声を出しているときよりも空気の流れが阻害されてしまっています。

このとき、出す息の量の調整のために横隔膜に負担がかかることになります。これにより横隔膜が鍛えられることにつながるので、歌うときにも息の出し方がうまくなり、声にもハリが出ます。

裏声から地声へのチェンジが容易に

リップロールによって地声と裏声を簡単に変えられるようになります。リップロール中は唇が開かないためあまり大きな声を出すことがなく、自然な声量になります。普段の発声で高い声を出そうとすると声が裏返ったり安定しなかったりするのは、地声と裏声のときの声量が極端に変わってしまうからです。

リップロールをしながら裏声と地声を変える練習をすることで、声帯のひだのなめらかな動きを習得することができ、歌のときにもスムーズに変えることができるようになります。

リップロールのメリット

口の周りを脱力しながら空気を流す練習になる

うまく歌を歌うためには、適度にリラックスをすることが必要です。リップロールは、口の周りの力を抜いて空気を吐き出すという、歌を歌うときの発声方法のイメージ・トレーニングとして効果的です。歌を歌う際には、音程を始めとする色々なことに気を配ってしまい、どうしても「息の流れ」に注目することが難しい…という方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、リップロールを通して、発声時の「息の流れ」にしっかりと向き合うことができるかもしれません。

喉の筋肉や声を意識する方向の練習になる

いつでもどこでもできる リップロールは、カラオケボックスなどに行かなくても、自宅で短時間のうちに取り組める手軽なトレーニングです。ボイストレーニング教室に通おうとすると手間がかかるし、レッスンは月に何度かであるため、頻繁に練習するのが難しいこともあります。場所や時間を選ばず簡単に取り組めるリップロールは、楽に継続できる練習方法ではないでしょうか

リップロールのデメリット

効果があるかないかは人による

特に女性に当てはまることが多いのですが、普段の発声の仕方が裏声に近い方であると、リップロールの効果があまり出ないことがあります。リップロールのメリットとして、口から吐き出される息の量を制限することによって、声帯の負担を軽減できるということがあります。

その結果、高い音域を出せるようにすることに効果が期待できるのですが、もともと裏声をメインで使っている方にとっては、息の量を制限することはそこまで直接的には役立たないのです。

声がやせ細る可能性も指摘されている

リップロールをしすぎたり慣れすぎたりすることによって、声帯閉鎖が弱いことが当たり前の状態になってしまうことがあります。つまり、声が弱々しくなってしまいかねないということです。慣れすぎる、というのがどの程度かという基準を決めることも難しいのですが、スムーズになんの不自由もなく低音域も高音域もリップロールをすることができるようになった状態といえるでしょう。

この段階まで到達してリップロールをしすぎてしまうと、特に高音域やミックスボイスに支障が出ることがあります。というのも、脱力した状態でミックスボイスまでコントロールできるようになった人は、喉が締まりすぎてしまう状態からは解放されているといえます。

しかし、それほどの能力をすでに持っている状態にもかかわらずミックスボイスの音域をリップロールで練習しすぎてしまうと、脱力した状態を声帯が癖として覚えてしまい、逆に声帯を締めて強く鳴らすことが難しくなってしまう可能性があるのです。リップロール中は息によって声帯にかかる負担が軽くなりますが、必要のない負担軽減は声帯閉鎖を弱めることにつながってしまいます。

結果として、息が流れてしまう癖がつくことによって過度な脱力状態を生み、弱々しいミックスボイスになりかねないということになります。ですので、脱力状態での十分なコントロールの力が身についた人は、リップロールで高音ミックスボイスを練習するときには、鳴り具合や声帯の閉鎖感などをしっかりと意識したほうがいいということです。

声帯のコントロールが得意な人にとって、鳴りの強い状態での高音リップロールはかなり苦しさをともなう作業です。これは喉の締まりによるものではなく、吐き出す息による負荷がかかるためです。つまり、声帯が息の圧力を受け止めきれていて、唇が息を妨げるための弁でしかないので、喉周りがこれ以上脱力できない状態になっているということなのです。

このようなデメリットはミックスボイスのときだけではありません。しかし、ミックスボイスをはじめとする中高音の発声と比べれば、そういった弊害は少ないでしょう。というのも、地声やファルセットは、特殊な声帯閉鎖がいらないので、リップロールをしすぎたり慣れすぎたりしても癖がつきにくいというわけです。地声やファルセットは、声帯を薄い状態にして使うのがよいとされている音域帯なのです

そのため、ミックスボイスでのリップロールを続けていて、声が弱くなってきたり声帯がちゃんと鳴らなくなってきたと感じたら、地声やファルセットの練習だけにしたり、ウォーミングアップくらいにとどめておくことをおすすめします。

リップロールの合わせ技

ノート, メモ, 音楽, シート ミュージック, サウンド, 調整, メロディー

タングトリルとの合わせ技が可能

合わせ技の仕方 基本的なやり方ですが、まずは自分の出しやすい音域でリップロールをします。次に、その状態のままでタングトリルを行います。もしくは、タングトリルを始めたあとにリップロールをしたほうがやりやすいという人もいるかもしれません。

合わせ技の効果

リップロールとタングトリルを同時に行うことによって、息を出す力を強くする効果が期待できます。合わせ技で行うということは、舌を回転させたままでリップロールをするということなので、力強い呼気の流れを必要とします。つまり、普通のリップロールよりも強い息を吐き出さなければならないので、タングトリルをやめたらかなり強いリップロールとなります。リップロールにタングトリルを重りとして使うようなイメージです。

また、あくまでも息を強めるだけで、脱力をさらに促す効果があるわけではないので注意が必要です。どちらも脱力にはつながるのですが、アプローチが違うので、効果が倍になるというわけではないのです。特にタングトリルは舌根の邪魔をなくすことが目的のため、合わせ技をするよりも普通のタングトリルをしたほうが効果は高いといえます。

ただ、強いリップロールが行えるという点では、リップロールによる脱力効果はあるかもしれません。しかし、タングトリルによる弁の効果で不安定な息となり、それがリップロールにぶつかって片方が失敗してしまったり、息の強さゆえに唇の形が崩れてしまったりする可能性もあります。そうなっては元も子もないため、やはり合わせ技を完璧に行うことができた場合にのみ、脱力の効果が期待できるでしょう。

合わせ技は難しい

リップロールとタングトリルの合わせ技は、実際にやってみると非常に難易度が高いです。唇が息の強さに負けてしまって、形が崩れそうになってしまうのです。

リップロールを利用したミックスボイスの感覚の鍛え方

リップロールはミックスボイスの発見に繋がる

ミックスボイスとは、地声と裏声の切り替わりであるいわゆる換声点をなくした、なめらかにつながった声のことをいいます。リップロールを行うことで、そのミックスボイスを見つけるのに役立つことがあります。高音を出すことが苦手な人は、声帯のコントロールが苦手であることが多いです。このことは地声でもファルセットでも同じなのですが、特にミックスボイスは強い高音なので、コントロールする力がとても重要になってきます。声帯のコントロールが不十分のまま高音を出すと、首や喉周辺の筋肉を必要以上に使ってしまい、喉が締まって苦しい声になってしまいます。

さらに、吐き出す息の強さと音程の高低は比例関係にあり、理屈上だけで簡単に言ってしまえば、息が強いほど高音が出ることになります。ミックスボイスのような高音発声のためには、この2点を考えあわせなければならないということです。ここでリップロールが大きな役割を果たします。というのも、リップロールは息の圧力を支えるための第2の声帯のような働きをしてくれます。そうすることで、声帯にかかる負担を軽減してくれるのです。

つまり、強く息を吐いても声帯が負けないので、音を出すことができるということです。先ほども述べたように、高音を出すのが苦手な人は、音を鳴らすのに必死で必要以上に喉を緊張させてしまいます。その圧力を少なくすることができるので、余計な喉の締まりも軽減されます。次に声帯についてですが、リップロールをしている最中は、余計な力を入れずに高音を鳴らせる声帯を維持することができます。

リップロールを止めたあとも数秒間くらいはその状態が保たれますが、時間が経つと元に戻って喉が締まってしまいます。つまり、脱力できている状態で高音のトレーニングを行うことによって、声帯を鍛えることができるのです

 

リップロールはミックスボイスの第一歩にしか過ぎない

リップロールの練習は非常に万能で、ミックスボイスを出すことにも効果があります。とはいえ、リップロールができるだけですぐにミックスボイスを習得できるわけではありません。一時的にはそれまでと比べたら少しは良くなるかもしれませんが、一気に上手になることは見込めないということです。リップロールはとても上手にできるのにミックスボイスが出ない、という人もたくさんいます。

しかし逆に、リップロールはまだ苦手だけど実際に歌ってみると高音(ミックスボイス)が出しやすい、という人は非常に少ないのです。うまくミックスボイスが使える人は、必ずと言ってもいいほどリップロールも上手です

リップロールが習得できるとミックスボイスも習得し易くなり、ミックスボイスも出せるようになってきます。

 

リップロールのやり方
ボイトレの基礎リップロールのやり方を紹介!リップロールとは リップロールはどうやって生まれた? リップロールは、口を閉じたまま息を吐いて、プルルルルと音がするように唇を回転さ...
ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき