ボイトレ教室

札幌のおすすめボイトレ教室5選!カラオケが苦手から得意に変わる!

みなさんは、歌を歌うということを真剣に考えたことがありますか?

私は過去に苦い経験があり、それから歌というものに真剣に取り組もうと決めました。みなさんの中には、私と同様の「屈辱」を味わった方もいるかもしれません。大げさに聞こえるかもしれませんが、それだけ私の歌に対する思い入れは強かったのです。

私は歌が好きで、普段から自分の好きなように歌えればという思いで歌ってきましたが、ある日の同級生の集いの場で、私の歌が相手を不快にさせるかのような会話が聞こえてきました。

「そんなはずはない」そう自分に言い聞かせてきましたが、根拠も何もない。むしろ、「上手い歌」というものに対し、「上手い歌って何?」という純粋な疑問が湧いてきました。私には2人の子供がおり、将来的にこの2人にも歌を好きになってもらうべく、「歌が上手くなる方法」について調べたことをここで紹介します。

目次

札幌でおススメのボイトレスクール

札幌で一番のおすすめのボイトレ教室は結論からいうと、全国展開しているシアーミュージックスクールです!

シアーミュージックスクール

オススメ度:

楽器のレッスンは個人でやっているところだとリハーサルスタジオを間借りしないといけないことが多く、そのためにスタジオのレンタル料金がレッスン料に上乗せされてしまうことが多いです。それなので「楽器のレッスンってマンツーマンだとレッスン料が高くなりそう…」というイメージがあると思いますが、シアーミュージックは自社のレッスン室を持っているので、純粋にレッスン料のみで受講できるという、大変リーズナブルな価格設定になっています。

そしてシアミュージックのボーカルレッスンは、「楽器って面白そうだからちょっとやってみたい」という人から「がっつりプロを目指したい!」という方まで幅広く対応しているのも特徴となっています。

【評価】

サポート
体制
スタジオ設備カリキュラム講師予約のしやすさアクセスジャンル
SAASASA

 

【レッスン料】

コースマンツーマンレッスン
レッスン数/月謝月2回 / ¥10,000(税込10,800円)※1レッスン当たり5,000円
月3回 / ¥13,500(税込14,580円)※1レッスン当たり4,500円
月4回 / ¥16,000(税込17,280円)
レッスン時間1コマ45分

札幌でおススメのボイトレスクール5選!

coming soon!!

札幌でボイトレ教室探しをしている理由はなんですか?

歌をうまく歌えるようになるために必要なこと。

まず浮かぶのは、「独学でひたすら歌うこと」ではないでしょうか。しかし、独学には限界があります。まずは、歌を聞いて評価をしてくれる相手を探しましょう。

それには、プロを相手にするのが一番です。いわゆる「ボイストレーニング」ですね。「ボイトレ」に行くと、「どのように歌えるようになりたいか」と講師に聞かれます。歌唱には様々なテクニックがあり、指導の方法も変わってくるためです。

「ボイトレ」に通うことを決めたら、事前に講師にお願いしたいことを決めておきましょう。

私も含め、みなさんが抱えているものとして「音痴を直したい」「カラオケでうまく歌いたい」「発声法から学び、プロを目指してみたい」というものではないでしょうか。

希望は全て伝えましょう、相手はプロです。独学とプロに教わるのではまるで違います。

あなたの努力次第ではプロを目指せるかもしれません!まず必要なことは、自分の中で「なぜボイトレに行くのか」「どのようになりたいのか」という、ボイトレに通う目的をクリアにしておきましょう。

ボイトレ教室とはなにができる場所?カラオケ教室、ボーカルスクールの違いは?

では、歌をうまく歌うためのスクールは「ボイストレーニング」だけなのでしょうか。

そう聞かれると、それは違います。

大きく分類すると、①「ボイストレーニング」②「カラオケ教室」③「ボーカルトレーニング」の3つに大別されます。

それぞれの教室で特化していることをまとめます。

ボイストレーニングは発声法(腹式呼吸)

基本の発声法を学ぶことで、マイクがなくてもよく響く発声が身に付きます。呼吸から発声につなげるコツなどを学ぶことができ、声の伸びが変わるだけでなく、サビや強く歌いたいパート部分をうまく歌うための呼吸法を学ぶことができます。この呼吸法を習得するだけで、歌が劇的に変わります。さらに発声法も習得できるので、聞きやすい歌を歌うコツも覚えられます。

カラオケ教室はカラオケをうまく歌う事に特化した歌唱テクニック

ほかの2つに比べ比較的優しい教室が多く、趣味の範疇で楽しめるカラオケについて特化した教室であり、年配の方が多いようです。また、カラオケルームに直接講師が来て、自分がうまく歌いたい歌のコツ等を指導をしてもらえます。好きな歌を情緒たっぷりに歌いたい方にお勧めです。

ボーカルトレーニングは総合的な歌唱テクニック

音程、ビブラート、抑揚、ヘッド/ミドルボイス等のテクニックを習得することができます。かなり高度な教室となっており、ここに通う方は「ボイストレーニング」を経てからくる方が多いようです。いわゆる歌手向きの教室となっており、本格的に歌を上手く歌えるようになりたい方はぜひボーカル教室は通うことをお勧めします。

ボイトレでここが変わる!メリット5選

ボイトレを経験した私が感じたメリットを5つ紹介します。

プロから、基本的なボイストレーニングの指導を受けられる。

まず、歌を歌ううえで必要なのは「腹式呼吸」です。息を吸った時に胸が膨らむ方と、お腹を膨らませられる方がいますが、歌に必要なのはお腹を膨らませることです。これはトレーニングにより可能になりますが、独学ではとにかく時間がかかります。それは、正しいトレーニング方法がわからないからです。それ以前に、自分が腹式呼吸ができているのかさえわからない方が多いと思います。ここでプロの指導を受けると、トレーニング方法から自分の上達具合まで的確な指導を受けることが出来ます。現在はインターネットの普及により、独学についてのサイトが散見されますが、やはり直接指導を受け、指摘してもらうことは必要だと感じています。

自分専用の指導をしてもらえる。

講師の前で歌う事で、自分の特徴を正確に分析してもらえます。自分が気持ちよく歌えているパートであっても、意外と間違った歌い方をしていることがあり、これはプロから指摘されなければ気づけません。講師は、こちらの特徴を分析したうえでカリキュラムを組んでくれます。人それぞれ出せる音域には差があり、自分に適した音域や声帯の癖について分析してもらうことで、自分に合った楽曲のアドバイス等も貰えたりするので、無理のないリラックスした状態で歌える歌のレパートリーが増えていくことと思います。

講師に質問できる

これが、プロに教わる一番のメリットではないでしょうか。みなさんも、知り合いとの会合の場で歌う機会がほとんどかと思いますが、その場において「あなたはここが悪い」「もっと歌い方を変えた方がいい」などといわれる方は少ないと思います。もし、歌をうまく歌いたいと考えているなら、ボイトレに通って自分の欠点を見抜いてもらいながら、どうすればうまく歌えるようになるのか思い切って聞いてみましょう。その他にも、効果的な訓練方法や日頃からできることについても質問できるので、トレーニング以外の時間も効果的に使えます。プロの指摘は的確であり、同時に改善策も提示してくれるため、間違いなく向上するかと思います

自分の歌を客観的に評価してもらいましょう

カラオケに行くと、採点などの簡易的なもので評価されることが最近では当たり前になりましたが、実際には機械で測れる部分には限界があり、歌う時の姿勢やブレスについてまでは機械は見てくれません。プロは、むしろその基本的な部分を重要視する方が多いとの事です。私も指導を受け、その2つを改善するだけでリラックスして歌えるようになっただけでなく、歌える曲のバリエーションも増えました。

モチベーションを維持できる

これには個人差があるかもしれませんが、個人指導の場合は費用が少しかかります。私の場合、「一度おさめた以上やるしかない」これが一つのモチベーションになりました。また、指導を受けた後に自主練習を行い、わからないことは次のレッスンで質問できるという環境も大きいと思います。カラオケで1人でただ歌うだけでは、ここまで早く上達しなかったでしょう。それ以外にも、上達が速いため自分の歌が日に日に上達していることを実感でき、歌を歌うことに自信がついていきます。

札幌でボイトレ教室を選ぶポイント7選

単にボイトレ教室といっても様々な教室があるため、どのように選べばいいか分かりにくいと思います。私がボイトレ教室を選ぶ時に注目したポイントを7つ紹介します。

レッスンにピアノを使っているか

講師にピアノで伴奏してもらうことで音を確認しながら歌うことが出来るため、ピアノを使用している教室を選びましょう。特に、演奏の上手な講師と組めたときは、かなり気持ちよく歌えます。

教材を使用しているか

レッスンを受ける時間には限りがあるため、その補填的に教材が使われます。教材にはボイトレに於ける重要なことが書いてあり、あとあと見返すことで復習も出来るので、教材のある教室を選びましょう。

録音機材を用いて、歌声のチェックをしているか

皆さんは、自分の歌声を録音して聞いたことがありますか?私も初めは抵抗がありましたが、いざ聞いてみるとそれほどひどくないもので、かえって自分の歌に自信がついたりします。また、初めに録音したものと、レッスンを暫く受けた後のものを比べると、別人の歌のように聞こえたりします。

カリキュラムが統一されているか

これはとても重要です。講師が必ず決まった人とは限らないため、カリキュラムが統一していないと、講師によって教え方が変わってきてしまいます。カリキュラムはそれほど重要なので、必ず統一されているか確認してください。

ストレッチや準備運動をしっかり行うか

発声には声帯の震えが必要ですが、その時々のコンディションにより声帯は常に一定でありません。これを一定にした状態からレッスンに入ることが重要であるため、リップロールや首のストレッチなど、準備運動をしっかり行う教室か確認しましょう。

マンツーマンレッスンか

グループレッスンの場合、費用は安く済みますしグループで楽しくレッスンが出来ますが、1人当たりの練習時間が少なくなってしまいます。より多くの時間をレッスンに充てられるよう、マンツーマンレッスンの教室を選びましょう。

家からの距離

これは、モチベーションの維持にもつながりますが、単純に家から近いものをお勧めします。教室が遠いというだけで行くのが億劫になり、練習の機会が減りかねません。

ボイストレーナーの良し悪しはこの5か所でチェック!

次に、良いボイストレーナーの見分け方についてご説明します。

第一印象

トレーナーの第一印象は大事にしてください。自分が取り組むうえでのパートナーですから、「無愛想で嫌だな」より「感じが良くて、相談できそう」なトレーナーを見つけることです。これによって、レッスンの効果に差が出るといっても過言ではありません。つまりは相性です。

わかりやすい説明か

トレーナーの中には、専門分野として突き詰めてきたプロの方がいらっしゃいます。ところが突き詰めすぎていて、レッスンに通いだした生徒さんでは理解できない高度な説明をされる方や、単純に説明の苦手なトレーナーさんもいらっしゃるので、これらに該当するトレーナーさんにあたった方は、少し考え直した方がいいと思います。

誉めてやる気をださせてくれるか

歌に自信が無かった私がここまで頑張ってこれたのは、トレーナーさんが掛けて下さった優しい言葉の数々です。不安な気持ちで練習に励む生徒を励ましてくれるトレーナーさんも必ずいますので、根気よく探しましょう。

トレーナーさん自身の歌のレベル

個人のボイトレ教室にありがちな話ですが、「理屈は知っているけど歌はそれほどでも」という方が実際いらっしゃいます。歌が上手い方は説明も上手だったりするので、先生の歌のレベルも参考にしてください。

自分と性別が同じか

異性の場合、練習で使用するキーの高さがかなり違ってくるため、質の高い練習は期待できません。同性特有の悩みや相談のしやすさなど、同性のトレーナーと組むことをお勧めします。

ボイトレ教室は、個人教室と企業運営どちらがおすすめ?

ボイトレ教室は、実は大きく分けて2つあります。それは、「個人経営」か「スクール」形式です。それぞれメリット/デメリットがありますのでご紹介します。

講師についての比較

個人経営・・・基本的に、講師の変更はできません。在籍している講師の数が少ないためであり、むしろレッスンの予定も講師に合わせるように組まれるというケースが多いです。そのため、入ってから「後悔した」という声が若干聞こえます。しかし、スクールに比べて収入が高いためか、講師のモチベーションは「スクールより高い」との声も聞きます。
スクール・・・講師の変更は可能です。講師の数が多く、トレーナーとの相性が重要である点を理解している教室も多いため、相談に乗ってくれるところが多いでようです。また、スクールに在籍している講師の場合、①音大・専門学校出身②講師の研修を受講済みの方が個人経営より多く、講師の質が高いようです。

成果についての比較

個人経営・・・成果を上げるのはスクールに比べ若干難しいかもしれません。スクールとは設備や教材の面で差があるほか、講師間でのやり取りも少ないため講師の質も上がりづらいようです。また、イベントを催す機会もほぼ無いことから、成果を実感することは難しいと思われます。
スクール・・・イベントに力を入れているところが多いです。なかにはスクールの方で①選曲②ステージング③衣装の用意までしてくれるところもあり、そこを一つのモチベーションにさせているスクールもあります。また、グループレッスンを取り入れているところも多く、仲間とともに切磋琢磨できる環境から成果を上げやすくなっています。

通いやすさについての比較

何事も「継続」するには、コツがあります。その中でも、通いやすさは非常に重要なポイントであるため、よく調べて選んでください。(私は、仕事帰りに寄れるように帰り道の同線上を選びました。職場に近い方が、仕事終わりでまだモチベーションが高いままレッスンに望めます。)
個人経営・・・場所は様々です。自宅近くの教室を見つけることも可能ですが①駐車場がない②暗い道を通らなければならない、といったケースもあります。しかし、教室が点在しているということは私生活の同線上に置くことも容易な場合が多いです。
スクール・・・全国規模のスクールであれば自宅近くにも存在します。比較的、駅の近くにある教室が多いため、電車で通えば駐車場の心配もありませんし、こちらも私生活の同線上に置くことは容易な場合が多いです。

コミュニティについての比較

「継続」のコツ2つ目は、「仲間」です。私も含め、一人で何かを続けることを難しいと感じている方は多いのではないでしょうか?体調的につらい時や気分が乗らずサボってしまいたくなる時に、仲間の存在は非常に大きいです。
個人経営・・・生徒の数が少ない場合が多く、コミュニティを作るのは少し難しいかもしれません。しかし、自宅近くの教室で仲間を作ることが出来れば、仲間同士の集いは比較的容易になるでしょう。レッスン以外で仲間同士、カラオケ大会などのイベントを開くことが出来れば、それがモチベーションにつながると思います。
スクール・・・生徒の数が多いため、様々なコミュニティとつながれる可能性が高いです。地域や歌のレベル、趣味など歌以外のコミュニティも有効だと思います。重要なのは、モチベーションを維持するうえで必要な「仲間」であり、コミュニティの力を借りたい、という方にはスクールに通うことをお勧めします。

ボイトレ教室でのレッスン効果を高める方法

定期的な自主練習が必須

ここまでボイトレの必要性とその内容に触れてきましたが、実際にはレッスンだけでは不十分です。レッスンで使うテクニックは日常ではあまり使われないためです。普段から腹式呼吸を気にしているわけではありませんし、人との会話にビブラートを挟むなんてしませんよね。つまり、練習後の自主練習がとても大切になってきます。トレーナーから教わっている時には出来ていたのに、時間が経って出来なくなってしまった、なんてことは私にもよくあります。教わったことを日々の中に取り入れ、意識的に反復練習をすることが歌が上手くなるうえで重要であることを今でも実感しています。

札幌のボイトレ教室のまとめ

最後に、ボイトレ教室を選ぶうえで重要な無料体験についてお話します。
先ほどから説明してきました教室の設備やトレーナーとの相性は、レッスンの効果にかなり影響します。この点を事前に確認しておきたいところですが、説明会や周りの人からの情報では掴みづらいところが多いため、出来るだけ直接その教室の無料体験コースを受講しましょう。ボイトレには、費用と時間がかかります。1か所で妥協することなく、より良い教室を見つけ、楽しくレッスンに取り組める環境に出会うことが何より大切かと思います。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき