基礎知識

サックスの歴史と種類|意外と知らないサックスの種類と特徴

サックスの発明は誰がいつ、どこで?

サックスは、正式名称はサクソフォンと呼び楽器の中では珍しく、発明した人がはっきりとわかっている楽器です。名前の由来はサックスを発明した人の名前がアドルフ・サックスと言うのでサクソフォンと名付けられました。

発明家 アドルフ・サックス

アドフル・サックス(1814~1894)はベルギー出身の楽器製作者です。父親の影響を受け楽器製作者となったアドフル・サックスは、様々な吹奏楽器が吹けた人だったと言われています。

アドルフ・サックスは木管楽器と金管楽器の長所を活かした楽器が製作できないかと考えて、永住を決めたパリで1840年代にサクソフォンを設計します。

サックスを発明したことによって1846年にパリで特許を得ることができました。

金管との中間の音色を持つサックス

サックスの音色は金管楽器のつんざくような鋭さを持つ音色と木管楽器の包み込むような柔らかい音色、両方を併せ持っていることが最大の特徴です。

金管楽器の要素も含んでいる影響で、他の木管楽器と比較すると大きな音を出すことができます。
サックスが生まれた時代では木管楽器と金管楽器の音がひとつに溶け合っていませんでした。

「木管と金管の橋渡しをするような楽器」として生まれたサックスは、形が下のほうで広がりを見せる円錐型になっています。

クラリネットのマウスピースとリードを取り付けることによってサックスは金管楽器と木管楽器の中間のような音色を響いたのです。
サックスは発明されたときに考えられていた違う楽器同士の橋渡しとして、特にブラスバンドにおいては欠かせない楽器となっています。

クラシック音楽ではサックスが生まれる前の曲が多いですが、表現力の幅が非常に広いため全体にダイナミックなエッセンスを加えることができるためサックスように編成された楽譜も出版されています。

そもそも金属製なのに、なぜ木管楽器なのか

サックスは発明された当初から材質が金属であるにもかかわらず、構造が木管楽器と同じです。

楽器の分類は材質よりも構造が優先されるので、フルートと同様に金属で作られているにもかかわらず、木管楽器として扱われています。

こんなにあった!代表的なサックスと珍しいサックス

サックスは幅広く演奏できるため音域によって9つの種類に分けられています。中には珍しいサックスもあるのでそれぞれの特徴を紹介致します。

ソプラニッシモサックス

最も高い音域を持つサックスで、大きさが非常に小さく形は直管型です。透き通った高音を奏でるためには非常に技術を求められるため使用頻度は少なく、楽器全体としてみても珍しいと言えます。

ソプラニーノサックス

ソプラニッシモサックスの次に高い音域を出せるサックスです。ソプラニッシモサックス同様、ソプラニーノサックスも形は直管型をしています。サックスアンサンブルなどで演奏されることがありますが、ソプラニーノサックス演奏が難しいため使用されることが少なく、珍しいサックスといえます。

ソプラノサックス

比較的メジャーなサックスで澄んだ高音がとても繊細です。サックス四重奏では他のリードする役割を持ちます。形状は直管のタイプとU字に曲がったタイプ2つ存在します。ジャズなどではテナーサックスの奏者が使用することも多いです。

アルトサックス

サックスの中では中音域になり、最も一般的なサックスです。アルトサックスのために作られたとソロ曲や協奏曲が多く、クラシックだけでなくジャズやポップスで重宝されます。

テナーサックス

アルトサックスと同様に中音域のサックスです。アルトサックスの次に使用頻度高く、汎用性も高いサックスとなっています。豪快で深みのある音色が特徴的でや聞く人に色気のある音色を聞かせることが人気の一因です。

バリトンサックス

低音音域を担当するサックスです。アルトサックスとは1オクターブの音域が違うため、アルトサックスと一緒に主旋律を奏でたり、ソロ曲を演奏することもあります。バリトンホルンと区別をするため通称バリサックスやバリサクと呼ばれてもいます。

バスサックス

バリトンサックスよりも低い音域を出すサックスです。吹奏楽やサックスアンサンブルで使用されます。低くて太い音色が特徴的で本体大きいです。そのため演奏者は演奏技術だけでなく体力を必要とします。

コントラバスサックス

バスサックスよりもさらに低い音域を出せるサックスです。しかし使用する頻度は低いため、国内には数本しかありません。2m以上もあり価格も数百万円する珍しいサックスです。

サブコントラバスサックス

1999年にドイツのエッペルスハイム社が製作したサックスです。3m近い非常に大きなボディが最大の特徴で低音を特有の大きさで響かせます。世界にも数本しかない非常にレアなサックスなのでもし見る機会があれば幸福とも言えます。

種類によって音色も役割も違うサックス、自分に合うものを選ぼう

一般的によく演奏に使用されるサックスは、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4種類です。その他のサックスは音域が極端に偏っているため使用頻度も少なく数も限りがあります。
クラシックではアルトサックス、ジャズやポップスではアルトサックス・テナーサックスがよく使用されます。
選ぶ際には大きさや形状がとても重要なポイントです。

サックスは音域が低ければ低いほど大きくなっていきます。

大きくなると音を出すときに肺活量も必要になるため非常に体力が必要な楽器となってしまいます。女性や体力に自信が無い方は注意が必要です。
演奏したい音域を考え、持ちやすくかつ無理のない大きさで演奏できるサックスを選ぶことをおすすめします。

初心者の方にはアルトサックスがおすすめです。

バランスもよく幅広い音色を出すことができる中音域のサックスので、様々なジャンルやソロ演奏にしようできます。
初心者用のセットや譜面も非常に充実しており、最初はアルトサックスを練習し、用途や好みがわかってきたら他のサックスにチャレンジすると良いです。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき