基礎知識

はじめて買うサックスの選び方|最初は安いものや中古でもいい?初心者向けの種類と値段は?

サックスの選び方。中古と新品、材質の検討

はじめてのサックスは安いものでいい?

楽器は値段が高い方が品質も良くおすすめですが、仕事やプライベートの都合によって続けることができるかどうかが不安です。今後の予定でどうなるかわからない場合、リーズナブルな中国製を購入してみるということも正しい選択といえます。

しかしあまりにも粗悪なものを使っていると次第に演奏しなくなります。自分に発破をかける意味においてあえて高額なサックスを買い「元を取る」という感覚で演奏に打ち込んでみると言う選択もありです。

値段に比例するサックスの性能

同じサックスで見た目もあまり変わらないのになぜ金額差が出ることがあります。品質の違いの詳細が細かすぎるので、大きな要素のみ列挙します。

材質

サックスの材質は真鍮と呼ばれる銅合金が使用されています。銅と亜鉛を混ぜたイエローブラスやブロンズブラスは加工や塗装がしやすいため低コストで作成できます。入門用やスタンダードモデル使われ別名ブラスとも呼ばれているのです。

合金材質として銅と錫を合成したブロンズと呼ばれる材質もあり、真鍮に比べると銅ならではの優しい音色を奏でてくれます。ブロンズで製作されたサックスを吹いたときに抵抗を感じる人もいます。

他にも銀や金を素材としていますが、そもそも素材として高価なため加工も難しく値段は高価に設定されています。

塗装

真鍮などで楽器を成形させた後に、むき出しの状態では腐食してしまうので塗料の吹き付けと焼付を施します。塗膜でコーティングするのですが、どの塗料を使用するかにによって違いが発生します。

入門用モデルには透明なエポキシ樹脂を使用したラッカー塗料が使用されます。明るく華やかな音色を生み出すことができるからです。金や銀を塗膜させるメッキなどもあり、金や銀を使用しているので価格が上がります。ラッカーに比べて音色に深みや柔らかさが生まれますが、材質同様に演奏する際の抵抗が出るので上級者向けです。

製造工程

サックスは約600個ものパーツで構成される非常に緻密な構造をしている楽器です。そのため大量生産品なのか完全なるハンドメイド品なのかで価格は大きな差があります。

サックスに限らず楽器は材質や素材、製造工程などによって音色は大きく変化します。重要なことは最終的に自分のイメージ通りの音楽ができることなのでイメージに沿ったサックスによる後押しが必要です。

あくまでも趣味の一環であるならばあまりこだわる必要はないです。レッスン上で借りる程度に抑えておきましょう。ただ、うまくなってくると自分のサックスが欲しくなってくるのでいずれどんな音色で演奏したくなるかを考える必要が出てきます。

中古のサックスは新品に比べると安いため、より気軽に購入を検討できます。しかし、中古サックスのメリットやデメリット、注意点を知ったうえで購入を検討しましょう

中古サックスのメリット

中古サックス最大のメリットは上級モデルを安価で購入できることです。新品ではなかなか購入できない海外メーカーや国内の上級モデルを安価で購入できる可能性があります。

新品のサックスには息を吹き込まなければいけない、キーを動かす、といった音を出やすくするためにじませていく過程と時間が必要です。中古サックスになるとあらかじめ使い込まれたものが多いので、購入した時点でしっかりとした音がでているというメリットもあります。

中古サックスのデメリット

デメリットは、前オーナーのクセがついており、キーバランスが悪く低音が演奏しにくい、という欠点があります。何かしらの部分でカスタマイズされているので妙な違和感があるという可能性も考えられます。
デメリットは中古楽器専門店など、購入先のお店を選ぶことで解消することが可能です。

中古サックス購入時の注意点

購入するサックスがどういった状態であるかを確認することと購入する際は試奏できる店に行くことの2つは非常に重要です。「安いから中古サックスを購入しよう」という考え方は避けるべきです。せっかく購入したサックスが重くて持ち運びできない場合や、音が出にくい、古い楽器なので高い音を出すための部品がついていないことが現状発生しているのであれば台無しです。

初心者でサックスを試奏できないという場合、リード楽器の吹奏ができる売り場担当者が在籍しているので、担当者の人にかわりに試奏をもらい、吹き心地などを聞くと良いでしょう。試奏する際にはキーの音を確認し、ガタつきや、カチャカチャバタバタといった異音がないかを確認することをおすすめします。

必ず欲しいモデルが在庫にあるとは限りません。時間がかかってもいいので欲しいモデルの中古品あると言う方は、全国規模の中古楽器専門店に相談し、入荷情報を調べてもらいましょう。

サックス初心者におすすめのモデル

YAMAHA / YAS-280 – アルトサックス –

言わずと知れた、日本を代表する楽器メーカーです。ヤマハはサックス以外にも様々な楽器を製作しているにも関わらず、高性能かつ初心者におすすめのモデルも多いです。サックスにおいては、他の管楽器と比較するとラインナップが充実しています。

YAMAHA / YAS-280 – アルトサックス –

H.Selmer /セルマー Reference54 リファレンス アンティークブラッシュドサテン

セルマーは常にサックスのトップランナーを走るメーカーです。数多くの名器を作ってきたと言っても過言ではありません。サックスといえばセルマーと言ってもいいくらいです。

他の楽器メーカーがサックスを製作ときは、セルマーのサックスをお手本にされてきたほどのメーカーです。サックスを演奏するのであれば、一度は高い性能を実感することです。

H.Selmer /セルマー Reference54 リファレンス アンティークブラッシュドサテン

YANAGISAWA /A-WO20(アルトサックス)

日本が誇るハンドメイドのメーカーで数々の名器と呼ばれるサックスを発表してきたメーカーです。ジャズをメインに演奏する方が多く使用されています。サックス本体だけでなく、ハンドメイドのマウスピースも評価が高くおすすめです。

YANAGISAWA /A-WO20(アルトサックス)
ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき