スクール紹介

ボイストレーニング SVL(Song Voice Life)ブレスデザインの評価、口コミは?「浜渦メソッド」で個人の能力を最大限に

ボイストレーニングSVLの教室紹介

ボイストレーニングSVLブレスデザインの評価、口コミ

ボイストレーニングSVLブレスデザインの評価まとめ

講師の質価格予約の
柔軟性
カリキュラムアクセス対応している
音楽ジャンル
サポート体制
ACCBAAC

ボイストレーニングSVLブレスデザインの口コミ

coming soon!

ボイストレーニング SVLブレスデザインとは?

高知県の音楽一家の環境で育った浜渦弘志先生が教えてくれる、ボイストレーニング教室です。

先生はご自身からの経験と知識をもとにした独自の「浜渦メソッド」を確立されており、これはジャンルを問わず、発声の表現力全般を向上させることが目的になっています。
このメソッドを教わることにより、どんな人でも個性と能力が発揮され歌唱力・演技力・伝達力が向上します。歌だけでなくスピーチなどの「話す」ことへのスキルも上がります。

レッスンは「発声」という概念にとらわれず、声を呼吸の部分から見直したり、「喉を開けて声を出す」ということを身体の仕組みから考え、どの部分を開ければ喉が開いたということになるのか、など根本的な部分について教えてもらえる内容となっています。
ホームページ内でもトレーニングの詳細について紹介がされており、またツイッターやフェイスブックでも先生が頻繁に情報を発信しています。

シンプルでわかりやすく、そしてその人のやりたいように伸び伸びとやりましょう、というスタイルが特徴の教室です。

ボイストレーニング SVLブレスデザインのおススメポイント2選!

おススメポイント①ありのままの自分を生かしてレベルアップ

先生は指導の際に、「こう歌ってほしい」とか「ここはこのように」という決めた指導はしないようにしているそうです。それは、生徒さんの自由に、好きなように歌ってほしいという思いがあるからです。
その人の歌のスタイルをそのまま生かして、それを更に良くするためにはどうしたら良いかを一緒に考えてくれます。

おススメポイント②個性を確立できる

上手いだけでなく個性があるからこそ、魅力的に見えるということ。表現のスタイルが我流であることが大事と先生は考えています。だから、自分のどんな部分が魅力的に見えるのか、先生の目から教えてもらうことができます。自分の気付いてない個性を伸ばしてくれる、それがこの教室をおすすめするポイントです。

ボイストレーニング SVLブレスデザインのマイナスポイントは?

レッスン日の変更・キャンセルに対して対応があまり柔軟ではない、というポイントが挙げられます。

決まった教室の場所を持っているわけではないので、場所を借りたうえで先生の予定も組むやり方です。そのため直前に急用や体調不良で日程を変更したい時は、講師側で場所もキャンセルしなくてはならず、費用がかかってしまいます。よって生徒はレッスン料を支払わなければなりません。

しかし、先生が出張レッスンのような形で教えるスタイルをとっているからこそ、関東だけでなく関西でもレッスンを受けることができ、教わりたい人にとっては間口が広い教室になっています。

ボイストレーニング SVLブレスデザインの講師はどんな人?

浜渦弘志

トレーナーの浜渦さんは東京藝術大学の音楽学部声楽科を卒業されています。
お父様は声楽家・作曲家です。幼少の頃から合唱団に所属して歌っており、大学卒業後はオペラに取り組んでいました。スタジオミュージシャンやナレーションなど、幅広く活動していました。現在はボイストレーナーを専業として活動しています。

個性と能力を生かして表現力全体を向上させることを目的とした「浜渦メソッド」を確立させ、レッスンを実施しています。

レッスン予約はどうやるの?

レッスンは講師と相談して日程を決定します。
生徒都合でのキャンセルについては、当日・前日のキャンセルは不可です。この時点でのキャンセルはレッスン料100%を支払うことになります。

レッスン日2日前~8日前までは、1レッスン制の場合は受講料の50%、月2回or3回コースの場合は1回あたりの半額支払いで振替レッスンを設定してもらえます。(振替レッスンを希望しない場合は返金はありません)

9日以上前のキャンセルについては、キャンセル料はかかりません。既に受講料を支払い済みの場合は振替日を設定してもらえます。生徒・講師の間でどうしても日程の都合がつかず、受講料を支払い済みの場合は、次月以降の受講料に充当してもらうか、返金のどちらかを選びます。

スタジオや講師の都合でのレッスン日の変更・中止については振替日を相談します。この場合も両者間で都合がどうしても合わない場合は、次月へ充当か返金になります。スタジオと講師のどちらか、もしくは片方でもレッスンが不可能な場合は振替となります。こちらも都合がつかなければ翌月へ充当か返金になります。

練習の成果を出せる場所は?

特に発表会などの成果発表の場は設けられていません。
フェイスブックでは先生の記事への生徒さんからのコメントに対し、先生が丁寧に返信しています。そのやり取りを見るなかでこういう生徒さんもいるんだなぁと間接的に知ることもあり、そこから気の合いそうな生徒さんを見つけて仲間を作ることもできますね。

ボイストレーニング SVLブレスデザインはどういう人におススメ?

個性的な声を生かしたい、または自分の個性を伸ばしてほしいと思っている人におすすめです。
先生は自身の経験から、メタルや童謡、また芸人さん向けなど独特の声が引き立つような声を上手に引き出してくれる手腕を持っています。

プロはもちろん、初心者や声楽・ボーカル(童謡、ポップス、メタル、ジャズボーカルなど)、声優、俳優、芸人、日常会話・プレゼン対策まで本当に様々なタイプの生徒さんに対応されていますので、上手く歌いたい・声を出したいという希望のさらに上を目指している生徒さんにぴったりです。

また、話すことに悩みを持つ生徒さんの気持ちをよく理解してくださるので、そういった悩みについて深く相談したいと思っている人にもおすすめです。

ボイストレーニング SVLブレスデザインの音楽ジャンルはどこまで対応?

希望に沿ったジャンルでのレッスンをしてくれるので、個別に相談することになります。
歌うためのボイストレーニングからスピーチなどの話すためのボイストレーニングまで多様な目的に対応しています。

ボイストレーニング SVLブレスデザインのレッスンの流れは?

レッスンについて

主に、身体全体を楽器としてきちんと使えるように姿勢や呼吸についての解説を交えつつ、実践でトレーニングしていきます。正しい身体の使い方を指導してもらえるので、まるで運動して身体を動かした後のように、身体のほぐれたなぁと感じるレッスンです。マンツーマンなので内容は柔軟に対応してもらえます。

ボイストレーニング SVLブレスデザインのカリキュラムは?

浜渦先生独自の「浜渦メソッド」というやり方を軸に、生徒個別の希望に沿ってカリキュラムを組んでくれます。

浜渦メソッドは、浜渦先生が以前ボイストレーナーとして教える傍ら、指導方法についての疑問が浮かんだことから、編み出した独自の方法です。「誰もが個性と能力を発揮し、自然に歌唱力・演技力・伝達力などの表現力全般を向上させる独自かつシンプルでわかりやすい方法」ということをモットーに作られたレッスン方法です。

ボイストレーニング SVLブレスデザインの校舎はどこにある?

先生がレッスンできる教室を借りて実施する形での指導です。

教室の場所としては、東京都杉並区の東高円寺駅から徒歩1分の「ロサンゼルスクラブ」神奈川県の横浜市のセンター南駅からすぐの「音楽サロン Aria」兵庫県尼崎市の稲野駅猪名寺駅近くの尼崎つかしん内「ローゼンビート」の3つです。

ボイストレーニング SVLブレスデザインのレッスン料金と入会金は?

・月3回 19,500円
・月2回 15,000円
・1レッスン制 8,500円

※レッスンは1回約50分

「ボーカル・声楽ボイストレーニング」「スピーチ・ボイストレーニング」
両コースとも料金は共通

体験レッスンに行ってみよう!

現在の入会キャンペーン

・体験レッスン受付中!体験料は3,300円。
・体験レッスンは東京の東高円寺駅から徒歩1分の「ロサンゼルスクラブ」で実施!

以下ホームページのフォームから申し込みできます。
まずは、ボイストレーニング SVLブレスデザインの体験レッスンを申し込んではいかがでしょうか?

公式サイトへ

 

・ボイストレーニングSVLブレスデザインのFacebookはこちら

・ボイストレーニングSVLブレスデザインのTwitterはこちら

ツイッターやフェイスブックも頻繁に更新されており、通っている生徒さんでなくても先生の考え方やトレーニングのこぼれ話などを知ることができます。
明るくお話し好きな先生の性格を垣間見ることができます。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき