基礎知識

バイオリンがやりたくなる!バイオリンが登場する漫画・アニメ5選

バイオリンを弾く姿はカッコいいものですが、そこに様々なドラマがからんでくるとより一層、感動しますよね。
また、漫画やアニメからテクニックや歴史など、バイオリンについてを学ぶことも実は結構あります。

そんなバイオリンが登場するおすすめのアニメ、漫画をご紹介します。バイオリンを始めてみた方は、ぜひチェックしてみてください。きっとバイオリンのがより好きになりますよ。

バイオリンのおすすめ漫画・アニメ①耳をすませば

「耳をすませば」は柊あおいの漫画です。これを原作にした、スタジオジブリのアニメ映画が1995年に発表され話題となりました。

映画のあらすじは、本が大好きな中学3年生の月島雫と、バイオリン職人を目指す雫と同い年の天沢聖司の青春ラブストーリーです。物語中でバイオリンへの情熱を真剣に語る聖司にキュンとした人も多いでしょう。

甘酸っぱい恋と、中学3年生のリアルを描いた不朽の名作です。

バイオリンのおすすめ漫画・アニメ②四月は君の嘘

「四月は君の嘘」は新川直司による漫画で、月刊少年マガジンで2011年から2015年まで連載されました。

主人公、有馬公生は幼いころから母に指導を受けピアノを学んでいました。その演奏は素晴らしく、神童とまで称されましたが、母親の死をきっかけにピアノから遠ざかってしまいます。

しかし、中学生になった公生は同い年のバイオリニストの宮園かをりと出会い、それから二人の交流が始まります。

中学生の2人の、音楽の成長を描いた作品です

バイオリンのおすすめ漫画・アニメ③のだめカンタービレ

“「のだめカンタービレ」は二ノ宮知子による漫画作品です。2006年にテレビドラマ化され人気に火が付いた作品です。

この漫画の主人公はピアニストですが、オーケストラを舞台とした作品なのでバイオリンはもちろん、その他の楽器も多く登場します。クラシック音楽と漫画が好きな人なら、ぜひ一度は見ていただきたい名作です。

とくに、この漫画を原作としたテレビドラマ、映画は音楽にこだわった作りなので、音楽好きな人も大満足な作品でしょう。

バイオリンのおすすめ漫画・アニメ④雲のむこう、約束の場所

「雲のむこう、約束の場所」は2004年に公開された、新海誠監督の長編アニメーション映画です。

物語自体はバイオリンが軸になったものではありませんが、ヒロインがバイオリンを演奏できる設定で、主人公はヒロインの影響を受け、バイオリンを弾けるようになります。物語に鮮やかに色付けする要素となっています。”

バイオリンのおすすめ漫画・アニメ⑤金色のコルダ

「金色のコルダ」はコーエーテクモゲームスより2003年に発売された女性向け恋愛シュミレーションゲームです。
2003年に漫画化、2006年にはアニメ化されました。

主人公が音楽の妖精と出会い、学園音楽コンクールに出場するという、ファンタジー学園ストーリーです。恋愛ゲームなのでイケメンキャラクターを押しにしてはいますが、音楽的な面でもとてもよく作られていると音楽ファンからも定評のある作品です。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき