基礎知識

名器ストラディバリウス、その最高級バイオリンお値段〇〇億!!高額さにはこんな理由が

高級バイオリンの理由

皆さんは世界で一番高いバイオリンとその値段を知っていますか?

なんと世界で一番高いバイオリンは「億」単位の価格が付き、イタリアの国宝に指定されているものもあります。そんなものすごいバイオリンの名前は「ストラディバリウス」。

テレビなどでもしばしば話題になるので、ストラディバリウスという名前を聞いたことはある。という人も多いでしょう。

本記事ではストラディバリウスについて、値段はいくらなのか?超高額な値段がつく理由と、どんな人が作ったのか?について徹底解説します。

最高額ストラディバリウスのお値段13億円!!

現在最高価格のストラディバリウスのバイオリンは、2011年にオークションに出品され落札された「レディ・ブラント」で、価格は約1600万ドル。当時のレートで言えば日本円にして13億円の値が付いています。

なお、出品者の日本音楽財団は、2011年3月の東日本大震災の被災者支援のために出品しており、13億円は全て寄付されました。

ただし、正式に最も高いストラディバリウスはというと、1719年製のヴィオラ「マクドナルド」、日本円で45億円ほどです。

※このヴィオラは45億からのオークションにかけられましたが、落札者がいなかったため、実際取引された13億を最高価格としました。

世界一高額なバイオリン「ストラディバリウス」とは

13億円という値段がついているストラディバリウスは価格だけでなく、音色も最高峰と言われる最も有名なバイオリンでしょう。

しかし、実はストラディバリウス=バイオリンではありません。意外ですよね!?

それでは、ストラディバリウスとは一体何なのか?解説します。

ストラディバリウスとは?いつ誰が作ったの?

ストラディバリウスとは、1600年代にイタリアのクレモアのアントニオ・ストラディバリによって作られた楽器たちです。

彼の作った楽器にはAntonius Stradivarius Cremonencis(クレモナ、アントニオ・ストラディバリ)制作のラベルが張られたので、ストラディバリの作った弦楽器の全てをストラディバリウスと呼ぶようになりました。

ストラディバリウスはバイオリンだけじゃない!

ストラディバリウスはバイオリン以外にも、ヴィオラ、チェロ、マンドリン(現在も残っているもの)といった楽器も該当します。

ストラディバリの楽器の中でも、バイオリンが最も多く作られ現在まで残っているものが多いため、

ストラディバリウス=バイオリン

とイメージされるようになっています。

バイオリンの代名詞がストラディバリウスの理由

バイオリンには多くの名器が存在し、高価なものを多数存在はしますが、ストラディバリウスをイメージする人が多いのには理由があります。

ストラディバリウスが制作された16世紀にバイオリンが世界に広がったから

バイオリンの需要が世界中に広まったことで、多くのバイオリンは薄利多売で、質より量を求めて量産されたものでした。

一方で、ストラディバリは、量より質を徹底的に求めたことで、後の世にまで愛され残り続けたというわけです。

ストラディバリウスが高価な理由①希少価値

ストラディバリウスが大変高額の理由ですが、その理由のひとつはストラディバリウスがとても希少という点です。

ストラディバリウスは1200挺ほど作られたと言われていますが、現在では世界でバイオリンが600挺、ヴィオラが8挺、チェロが63挺、マンドリンに至っては2挺ほどしか残っていません。

そのため、希少価値がとても高くなっており、全ての楽器に、制作依頼者や購入者に関係したオリジナルの名前が付けられています。

現存する650挺の中でも値段のレンジがあり、数千万円~十数億円という価値がついています。

ストラディバリウスが高価な理由②素材が最高

スプルースという木材が希少

ストラディバリウスの楽器には、とても希少な木材が使われていることです。

ストラディバリが活躍した1600年代は、音楽家たちが増えた時期でもありました。それにしたがって弦楽器の工房も増えましたが、当時は質より量を重視し量産していました。

その中で、ストラディバリを含む、少数の楽器職人だけが良質な素材のみを使ってバイオリンを作りました。

その良質な素材とは、スプルースというマツ科の木材ですが、今はその良質なスプルースがとても少なくなっているので、素材がそもそも希少な存在なのです。

木材は長い時間をかけて乾燥して最高のものとなる

スプルースの希少性が高いとはいっても、現在でも全くないというわけではありません。
ではなぜ、高額なのかというと、実はスプルースを含む木材は、長い年月をかけて乾燥していくことにより、品質がより洗練され良くなっていくためです。

スプルースは、伐採されてかた、300年程度経過する頃が最も良い品質になると言われています。時間の経過はお金では買えませんよね?

そのため、素材+年月+制作者の質が組み合わさり、ストラディバリウスは大変貴重なバイオリンとなっているのです。

ストラディバリウスのまとめ

ストラディバリウスの背景と高価な理由はお分かり頂けないでしょうか?

最後に、実際の音色をお楽しみください。

ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき