基礎知識

ボイトレ教室に興味ある人必見!値段の相場はどうなの?

ボイトレ教室に興味ある人必見!値段の相場はどうなの?

ボイトレ教室の費用の相場

マンツーマンの相場

ほとんどのボイトレ教室が講師とのマンツーマンによるレッスンになります。講師にしっかりと付いてもらい、時間をいっぱいに使って自身のスキルアップを目指せるのがマンツーマンの魅力です。ですがマンツーマンと聞くと、費用が高いのじゃないかと心配になってしまいますよね。

費用は講師の質によっても変動します。プロミュージシャンが講師として多数在籍しているような教室の費用は平均よりも高く、個人で小さく経営している教室の費用は安めに設定してあることが多いです。

教室によりレッスンの時間設定は様々ですが、1回60分のレッスンで例に挙げると、マンツーマンでかかる費用は1回で5000円から7000円あたりが相場です

月2回からのレッスン予約制をとる教室が多いので、マンツーマンの月謝は平均して10000円から14000円ほどになります。月のレッスン回数を増やす度に1回のレッスン費用が安くなるシステムや、月1回のレッスンから予約可能なチケット制をとっているなど、教室によってサービスも様々です。

ペアの相場

友達や恋人と一緒に歌が上手くなりたい!といった人のために、ペアでのレッスンを開講しているボイトレ教室もあります。ひとりで教室に通うのは不安だし、グループレッスンで知らない人と一緒なのも緊張するし…といった人にもオススメのコースです。

ペアレッスンは講師とのマンツーマンではない分費用も安く設定している教室が多いので、1回60分のレッスン費用の相場はペアで6000円ほどになります。一人あたり3000円でレッスンが受けられるのは、お得ですね。

こちらも月2回からのレッスン予約制をとっている教室が多いので、月謝は平均してペアで12000円、一人あたり6000円になります。

グループの相場

ボイトレ教室に通ってしっかり歌の練習をしたいけど、費用は安く抑えたい!といった人のために、グループレッスンを開講している教室もあります。グループレッスンとは平均して3名から5名ほどで受けられる合同レッスンで、一人でも友達同士でも、申し込むことができます。

レッスン費用の相場は1回60分で2000円から3000円ほどと、マンツーマンに比べてとても安くなるのですが、1回のレッスン費用が安い分、平均月4回のレッスン予約制をとっている教室が多いので、月謝は8000円から10000円ほどになります。

入会金の相場

入会金の相場は5000円から10000円あたりが平均です。プロアーティスト多数輩出など実績の多いボイトレ教室になると20000円を越える場合もあります。入会金はほとんどの教室で支払う必要があるので、ここで大きく費用がかかってしまうと初回の支払いが少し不安になってしまうものですよね。

ですが、多くの教室がホームページなどで入会金無料、もしくは割引キャンペーンを出しているので、費用をなるべく抑えたい人は教室のホームページなどもよく調べることをオススメします。

受講者のレベルで相場は違うのか

初心者がボイトレ教室に通う場合の相場

一言でボイトレといっても、受けたいレッスンのレベルは人によって様々ですよね。ボイトレの経験が全くなく、これから始めたい人もいれば、すでに経験があり、本気でプロを目指したい人もいるでしょう。

受講するレベルによってかかる費用も様々です。気軽にボイトレを始めたい人が始めからプロ志向の上級者コースで高い費用を払うのは、さすがに気が重くなりますよね。ボイトレ教室の多くが初心者コースやおためしレッスンを設けているので、これから始めたい人はまずこちらのコースから受講することをおススメします。

初心者コースの費用は安く設定されていて、1レッスン3000円から4000円あたりが相場になっています。主に発声練習や声量調節、呼吸法などの基礎的な練習をメインに進めていくので、初めての人でも無理なく安心してレッスンを受けられます。

ただし初心者コースはレッスン費用が安い代わりに、1回のレッスン時間が30分あたりと短めに設定している教室が多いので、最初から少しでも本格的に始めたい人は、中級者コースから始めてみるのもいいでしょう。

中級者がボイトレ教室に通う場合の相場

中級者コースというのは、つまり各ボイトレ教室がメインにしている標準のコースのことと思ってもらえたらイメージがつかみやすいと思います。

かかる費用の相場は1レッスン5000円から7000円あたりと初心者コースに比べると少し高くなりますが、中級者コースの1回のレッスン時間は60分に設定している教室が多いので、時間をいっぱいに使ってレッスンを受けられることが利点です。

基礎の練習に加え、課題曲を使って実際に歌う練習の時間も十分に取ることができるので、各教室ともにメインにしているコースになっています。中級者コースをきっかけに、更に歌うことへの楽しみが増えてきたら、次は上級者コースにトライしてみるのもいいですね。

上級者がボイトレ教室に通う場合の相場

上級者コースとは、プロ志向の人や自分の歌声を何か形に残したいといった人に向いているコースです。ボイトレ教室の多くが上級者コースを設けていて、そこからプロアーティストを輩出した事例も多く見られます。

ただしかかるレッスン費用は高く、1レッスン8000円から10000円あたりが相場になっています。1回のレッスン時間の平均は60分と、中級者コースと同じに設定している教室が多いのですが、上級者コースになるとそれにエキストラで月数回スタジオレコーディングの時間を設けてくれたり、オーディションを受ける機会を作ってくれるなど、的確にプロデビューへの道を切り拓いてくれるのが特徴です。

ボイトレ教室の値段を少しでも安く済ませるには

できるだけ安いスクールを探す

ボイトレ教室に興味はあるけど、かかる費用は少しでも安く抑えたいという人は、できるだけ安い教室を探すことから始めましょう。ほとんどの教室がホームページを持っているので、そこでレッスン費用を相場と比較しながら見ていくといいでしょう。

例を挙げると、プロアーティストを多数輩出しているなど実績が豊富な教室となると、やはりレッスン費用は相場よりも高く設定していることが多いです。実績があるということは講師の質も良いということなので、大きな教室を持っていない個人経営の教室だとしても、レッスン費用は高くなるのです。プロアーティストの経験がなくても、実力のある講師はたくさんいます。

プロを目指すレッスンをメインに出しているのではなく、歌うことがもっと楽しくなることを目的として小さく経営している教室は、レッスン費用を相場よりも安く設定していることが多いです。

ホームページのトップ画面から各教室の持つ経営方針は伝わります。そこも踏まえ、安い教室を探すヒントにしましょう。

割引サービスや無料サービスのあるところが良い

安いボイトレ教室選びで大事なのはレッスン費用だけではありません。各教室が持つ様々なサービスも見ていきましょう。

ボイトレで学んだ発声法を手軽に実践できる場所はカラオケボックスです。教室によってはカラオケボックスと業務提携していることもあり、その場合は生徒に対して使用料金割引などのサービスが付きます。大手のカラオケボックスと業務提携している場合は、このサービスを全国どこのカラオケボックスでも受けられるので、大きな特典になっています。

楽器貸し出しや教室併設のスタジオ使用料が無料になるサービスを提供している教室もあります。ボイトレをきっかけにギター弾き語りにトライしたり、バンドを組んだりするケースは多いですが、いざ楽器を購入となると費用はかかりますし、スタジオも使用料を考えると頻繁には通えないものです。それが無料になるというのは、ボイトレを通して楽器演奏やバンド活動をしたい人にとって、とても嬉しいサービスです。

大手教室ではカラオケボックスと提携している教室もあるので、よく行く人はお得かもしれませんね。

 

先ずは無料体験レッスンから情報収集

ボイトレ教室は地域にたくさんあるので、レッスン費用が安い教室だけで絞っても、いくつか候補が残るはずです。ここで教室選びで重要になってくるのが、無料体験レッスンです。ほとんどの教室が無料体験レッスンを実施しているので、まず一度、候補の教室で実際にレッスンを体験してみることをおススメします。

ホームページなどの情報だけでは伝わらない部分は、人と人とのやりとりです。いきなり教室を決めてしまい、もし講師との相性が悪かったら、通うモチベーション低下の原因にもなってしまいます。無料体験レッスンを通じて、自分に一番合った教室を選びましょう。

値段以外で選ぶ基準となる部分

レッスン時間

ボイトレ教室を選ぶ基準として、レッスン費用以外にも知っておくべきポイントはいくつかあります。ただ安い教室を選ぶのではなく、これから見ていくそれらのポイントも踏まえて、自分に合った教室を選びましょう。

まずはレッスン時間です。ほとんどの教室で1回のレッスン時間は50分から60分に設定していますが、中には30分から40分とレッスン時間が短い教室もあります。希望して短いレッスン時間を選択する場合は別ですが、30分という短いレッスン時間だと、特にまだボイトレに慣れていない初心者にとってほとんどレッスンを受けた気にならないかもしれません。教室を選ぶときはレッスン時間も良く調べましょう。

発表会の有無

ボイトレを受けたい理由は人それぞれで、練習の成果を出したい場所もまた人それぞれです。日々のカラオケで高得点を出したい人もいれば、ライブやコンサートなどの発表会でみんなの前で思いっきり歌いたい人もいるでしょう。

ボイトレ教室の中には教室主催の発表会の場を設けていることもあるので、こういった場で練習の成果を発揮したい人にとって、発表会の有無は教室選びのとても重要なポイントになってくるでしょう。発表会をきっかけにデビューの話が入ってくることも珍しくないので、せっかくボイトレに通うのならトライしたいイベントですね。

講師の質という売り文句は危険

たくさんあるボイトレ教室で、一番売りやすいポイントが各教室の講師の質です。講師の経歴も、現役のプロミュージシャンだったり、有名音楽大学を卒業していたりと、様々です。自分が学びたい、歌いたいジャンルに特化した講師はホームページの講師プロフィール欄からも簡単に探せますが、ここですぐに決めてしまわないよう注意しましょう。

ボイトレはマンツーマンで講師が付いてのレッスンが基本です。ここでもし講師との相性が合わなかったら、通うこと自体が苦痛になってしまいます。講師の経歴と上質なレッスンは必ずしも比例するとは限りません。経歴がなくても、教えるのが上手い講師もいます。

まずは体験レッスンを通して、これから一緒にやっていけるのかを実際に見てみることが重要です。

付帯サービスの充実度

付帯サービスを提供しているボイトレ教室もあります。レッスン費用だけを見ると高く感じる教室でも、サービスが充実していることもあるので、その点も良く調べた上で教室を選びましょう。

カラオケボックスなどの割引サービスがあったり、教室併設のスタジオ使用料が無料になったりと、受けられるサービスは教室によって様々です。自分の興味に合ったサービスを提供していることも、教室選びで大事なポイントになるでしょう。

レッスン費用だけで比較するのではなく、サポート体制やサービス等の付帯的なものもしっかり調べましょう。

ボイトレ教室に興味ある人必見!値段の相場はどうなの?地域ごとの比較
ボイトレ教室に興味ある人必見!値段の相場は地域による?個人と大手との違いは?値段は地域により違いがある 東京都内や主要都市の料金相場 ボイトレ教室でかかる費用は地域によって違いがあることも事実です。東京や大阪...
ABOUT ME
EMI
高校時代にみんなでいったカラオケで周りからバカにされてトラウマに。 独学でいろいろと歌を勉強してみたものの全くうまくならずに、一念発起してボイトレスクールに。 スクールの講師やそこでできた友達のおかげで高校時代の友達から歌うまといわれるまでに様変わり。 ギター、ピアノ、ウクレレなども習得しマルチな音楽家を目指すも結婚、出産により現在休止中。 2児の母。 好きな歌手は、小柳ゆき